売れる小売店が行っている販売のコツ

顧客を名前で呼ぶ効果

 私がセルフサービスのガソリンスタンドで働いていた頃、給油の度に手書き領収書の発行を依頼する固定客がいました。ある日、その顧客が来店され、ご自身で給油している際に、予め、手書き領収書に日付と名前を書いておき、給油が終了(金額が確定)した段階で領収書に金額を記入して、渡しに行ったところ、「覚えていてくれたんですか」と、とても感激されたことがありました。

 これは、顧客を「個客」として接することを意味します。ただし、時と場所を考えないと逆効果になる場合があります。

 あるデパ地下で、女性客が食品を購入する際にクレジットカードを出しました。すると販売員がカードに刻印された名前を見て、「○○様、豚まん3個で840円です」と大声で語りかけました。その女性は「恥ずかしい。時と場所を考えて欲しい」と憤りました。

 名前で顧客を呼ぶことは、個客にとっては、特別扱いされた感じがして、心理的な距離が縮まりがちですが、上記のように時と場所は意識しておきたいところです。
 参考記事 顧客を名前で呼ぶ効果

顧客へのプレゼント

 さて、先日、仕事で埼玉県加須(かぞ)市へ伺いました。当市に立地する、あるロードサイド店舗は、現在改装中で、8月のリニューアルオープンの準備をしています。改装中の店舗を視察し、経営者とご面談するべく、指定の場所に向かった途中でこんな看板を見つけました。

 その写真スタジオで写真を撮影すると、お米がもらえるようですが、そのお米の量は、産まれた時の体重分、という企画です。つまり、その赤ちゃんによってもらえる量が違うわけです。この企画は、その顧客ならではのプレゼントをご用意するという点で「個客」対応をしています。
 同様の事例としては、歳の数だけ焼き鳥プレゼントがあります。

 来店する顧客の属性は様々であっても、体重や年齢に応じたプレゼントは、顧客にとっては「個客」扱いをされているわけで、満足度は高いと思われます。

 さて、貴店は、顧客を「個客」として対応するために何を行っていますか?

メルマガ会員様募集中

 メルマガ会員様には、リアル店舗の現場経験20年以上、コンサルティング歴10年以上【通算30年以上のノウハウ】を凝縮した【未公開のコラム】や、当サイトに掲載したコラムの【解説動画URL】を優先的に配信しています。
登録はこちらから
↓↓↓

ロードサイド経営研究所メールマガジン登録フォーム(無料)

電子書籍のご案内

 1年で70人のアルバイトに辞められたガソリンスタンド店長が人材に全く困らなくなった理由:育成編~人材が育つ職場と人材に見放される職場の境界線~
2020年3月15日発行 定価1,055円

タイトルとURLをコピーしました