宣伝を強化したい店舗のための新規顧客獲得策

顧客は見ている

 かつて、新規オープンのガソリンスタンドを担当した際の話です。店舗の建設と並行して、アルバイトスタッフを募集し、採用したスタッフには、店舗そばの空き地で接客の指導をしていました。建物が完成しても、備品類などの搬入まで日にちが必要であったため、オープンまで日がありました。そこで、今度は空き地ではなく、店舗で接客の指導をしていました。

 迎えたオープン初日に、給油のために来店された、ある顧客から感心した面持ちで「いつも遅くまで練習していましたよね」と声を掛けていただきました。大きな嬉しさを感じるとともに、顧客は店舗をいつも見ているものなのだな、という認識を持ちました。

店頭の販促物

 さて、営業中の店舗は、店頭にのぼりやA型看板を立てたり、ガラス面にPOPを貼ったりして、前面道路を通行する顧客の入店を促します。そして、閉店時には、のぼりや看板を店内に片付け、シャッターを閉めることとなります。これにより、ガラスに貼ったPOPも見えなくなります。

 しかし、顧客は、営業時間中だけにその店舗の前を通行するとは限りません。にもかかわらず、多くの店舗が閉店中はなんの販促もしていません。ホームページやSNSでの情報発信はしている店舗もありますが、リアルな店舗での販促はほとんど見受けられません。

 ところが、中には、閉店中でもリアル店舗として販促をし続ける店舗もあるのです。

閉店後のシャッターを活かした販促

 多くの店舗は、閉店時にシャッターを降ろします。しかし、そのシャッターには何も書かれておらず、無機質なものとなっています。何か書かれているとしても、店名やロゴマークのみ、良くて営業時間まで、といった印象です。
 そういった中、上述の写真の店舗は、自店の主力サービスをシャッターで紹介し、その効果、所要時間、価格などのメッセージを発しています。

 これを見た通行人が、フェイシャルエステを受けたいと思っても、その時は営業時間外ですから、その時は入店することができません。しかし、この店舗で注力している商品を認識し、後日ご来店下さる可能性は発生します。

 ビジネスは玉突きゲームではありません。これをしたら必ず上手くいくというものではありませんから、上手くいく可能性を高めることが必要です。そのような観点からは、このシャッターは優秀な販促物だと感じました。

 繰り返しになりますが、顧客は営業時間中のみ店舗の前を通るわけではありません。また、営業時間外に通った場合でも店舗を見ています。

 さて、貴店は閉店後にどのような販売促進を行っていますか?

メルマガ会員様募集中

 メルマガ会員様には、リアル店舗の現場経験20年以上、コンサルティング歴10年以上【通算30年以上のノウハウ】を凝縮した【未公開のコラム】や、当サイトに掲載したコラムの【解説動画URL】を優先的に配信しています。
登録はこちらから
↓↓↓

ロードサイド経営研究所メールマガジン登録フォーム(無料)

電子書籍のご案内

 1年で70人のアルバイトに辞められたガソリンスタンド店長が人材に全く困らなくなった理由:育成編~人材が育つ職場と人材に見放される職場の境界線~
2020年3月15日発行 定価1,055円

タイトルとURLをコピーしました