コラム

心理的リアクタンスの克服法:承認がもたらす効果とガソリンスタンドでの具体例

販売させようとする上司の行為が、部下に心理的リアクタンスを抱かせてしまうと、部下の行動は消極的になっていきます。具体的な行動や成果を承認していくことで、スタッフの自己効力感やモチベーションを高め、業績向上に貢献することを述べました。
コラム

ガソリンスタンドの経営者が持つバイアスに潜むリスクとその対策

できない理由にだけ着目し、やれる方策に着目できない経営者が「できない理由」に囚われるバイアスを解説し、ポジティブ思考と積極的な行動を通じて克服する方法を提案しています。バイアスに気づき、成長と発展を促進するための具体的な手法を述べました。
コラム

ガソリンスタンドが行動経済学を使ってタイヤを大量に販売する方法

行動経済学を活用してタイヤ販売を促進させる方法です。フレーミング効果のゲイン・ロスフレームを踏まえ、プロスペクト理論で顧客心理に沿った販売を展開していきましょう。なお、倫理的な視点から過度に顧客の恐怖感をあおることは避ける必要があります。
コラム

夏用タイヤへの交換シーズンにタイヤの有料預かりサービスを実施するべき理由

冬用タイヤから夏用タイヤへの交換シーズンだからこそ、ガソリンスタンドがタイヤの有料預かりサービスを展開するべき理由を解説しました。さらに、当該サービスの積極的な展開がなぜ業績安定に効果的なのか、心理効果を踏まえて説明しました。
コラム

スタッフが声掛けしないのはなぜか?後悔回避バイアスを踏まえた油外商品販売の方策

スタッフが油外商品の販売に積極的になれない理由を後悔回避バイアスという心理傾向から紐解きます。これにより、リスク選好型人材を採用する重要性や、声掛け行動を積極的に承認・評価する必要性が理解でき、業績拡大に繋がるでしょう。
コラム

面接で自店が採用してはいけない人材を見極めるために投げかけるべき質問とは?

アルバイトスタッフの採用において、自店と応募者との相性を見極める判断軸をご紹介します。これを踏まえ、面接時の質問例も示しました。自店の組織文化と応募者の適合性を把握し、離職率を低下させ、チームワークを高めていきましょう。
コラム

ガソリンスタンドの事例から理解するリーダシップの状況適合論

リーダーは部下や職場の成長に応じて指示と支援を適切に変化させる必要があります。状況とそれに応じたリーダーの行動を4つのレベルに分類したものがSL理論です。ガソリンスタンドの事例を通じて、柔軟なリーダーシップの理解を深めましょう。
コラム

花粉の季節にガソリンスタンドが洗車プリペイドカードを販売するべき理由

花粉の大量飛散時期に洗車需要が増加しますが、これを機会として、洗車プリペイドカードを販売する効果を解説しました。洗車を消費する速度が高まる根拠の他、売上の安定化、顧客満足度向上、資金繰り改善などのメリットを述べた記事です。
コラム

スタッフの認知的負荷を軽減して業績を拡大させたガソリンスタンドの事例

その取組みに対して認知的負荷を軽減すると取組みの抵抗感が小さくなります。ガソリンスタンドの経営者やリーダー向けに、スタッフの認知的負荷を軽減することで業績を向上させた事例を解説しました。選択と集中や段階的な育成法の具体策が分かります。
コラム

質の高いコミュニケーションに傾聴が必要な理由

傾聴の重要性とコミュニケーション力との関連を述べました。Jリーグでチェアマンを務めた村井氏の調査で示された海外成功の秘訣や、ジョハリの窓を通じた自己開示とフィードバックを受け取ることのの重要性を解説した記事です。
タイトルとURLをコピーしました