レジ金の不足分を従業員の自腹で埋めさせる3つのリスク

モチベーション

 あるガソリンスタンドでは、釣り銭を多く渡してしまったなど従業員のミスが原因で、本来あるべきレジ金よりも実際のレジ金が不足した場合、シフトに入っている従業員が自腹で折半して不足額を埋めています。ここで働く従業員が不満げに発した「こういう仕組みって他の店でもやっているんですか」という質問に触れる機会がありました。

 今回のコラムでは、このような仕組みを取り入れている店舗が抱えるリスクを見ていきたいと思います。

レジ金の不足分を従業員の自腹で埋めさせるリスク1:労基署への対応

 従業員のミスにより、レジ金があるべき金額よりも不足したということは、会社は損害を被ったことになります。被った損害は賠償を求めるべきであり、従業員が不足したレジ金を折半で埋めるべき、という考え方が正しいのでしょうか。

 かつて、タンクローリーの運転手が業務中に事故を起こしたことで損害を被った雇用主の石油販売業者が、運転手に損害賠償を請求し、訴訟になったことがあります。

 この裁判の最高裁判決は「損害の公平な分担という見地から、信義則上相当と認められる限度において、被用者(ここでいう運転手)に対し損害の賠償または求償を請求することができる」としました。

 そして、労働条件、業務内容、損害が発生した経緯、事前に講じていた予防策、損失のリスク回避策、といったさまざまな事情を考慮したうえでこの石油販売業者は運転手に対して、損害額の25%のみが請求できるとしました。

 これは、従業員の業務上のミスにより会社が被った損害は、お互いで公平に分担しようという考えの下、会社側の損害賠償額は厳しく制限される、ということです。

 よって、従業員のミスが原因のレジ金不足分を従業員に折半で埋めさせるのは、状況によっては賠償を求める必要がないかもしれません。自腹を切ることを不服とした従業員が労基署などに相談に行った場合、会社側としてはこれに対応するリスクが発生します。

レジ金の不足分を従業員の自腹で埋めさせるリスク2:人手不足

 自分のミスでもないのに、自腹を切らされた従業員は当然不満を抱きます。それは、同じフィールドで働くミスをした従業員に対してよりも、自腹を切らせるという不本意な仕組みを設けた上司や会社に不満を抱くでしょう。

 そして、不本意な仕組みがまかり通るような職場に見切りをつけて、他の職場に転職するかもしれません。今やスマートフォンを使ってその場で転職先を探す時代です。このことが、人手不足に拍車をかけるリスクを高めます。

レジ金の不足分を従業員の自腹で埋めさせるリスク3:モチベーションの低下

 離職まで行かなかったとしても、自腹を切ってレジ金を埋める行為は、従業員のモチベーションを下げてしまします。

 モチベーション理論のひとつである、ハーズバーグの動機付け=衛生理論では、衛生要因が満たされていないと職務に不満足を覚え、消極的な態度が強化される、としています。この衛生要因には作業条件や労働環境が含まれます。以下のコラムを参考にしてください。
 ベテラン社員のモチベーション

 不本意な仕組みの労働環境は、モチベーションを下げ、それが離職に結び付くというリスクを高めてしまいます。

 今回のコラムでは、レジ金の不足分を従業員の自腹で埋めさせる3つのリスクとして、1.労基署への対応、2.人手不足、3.モチベーションの低下、を挙げました。とはいえ、レジ金の不足は由々しき事態です。これを防止するためには、以下のコラムを参考にして下さい。
 レジ金の過不足が発生するロードサイド店舗がとるべき対策とは

メルマガ会員様募集中

 メルマガ会員様には、リアル店舗の現場経験20年以上、コンサルティング歴10年以上【通算30年以上のノウハウ】を凝縮した【未公開のコラム】や、当サイトに掲載したコラムの【解説動画URL】を優先的に配信しています。
登録はこちらから
↓↓↓

ロードサイド経営研究所メールマガジン登録フォーム(無料)

電子書籍のご案内

 1年で70人のアルバイトに辞められたガソリンスタンド店長が人材に全く困らなくなった理由:育成編~人材が育つ職場と人材に見放される職場の境界線~
2020年3月15日発行 定価1,055円

タイトルとURLをコピーしました