理容店・美容室が新規顧客を獲得する3つの方法

新規顧客の確保

 店舗を訪れる顧客は、来店履歴があるかないかの2つのタイプに分けられます。来店履歴がある顧客は既存顧客もしくはリピーターであり、それがない顧客は新規顧客ですが、既存顧客1名を獲得するための費用は、新規顧客を獲得するための費用の5分の1とも言われます。

 よって、一度ご来店いただいたら、リピーターになっていただき、固定化することが収益を向上させるための一つのポイントとなります。ですが、この既存顧客も一定の割合で離反があります。

 そこで、新規顧客を集客する必要があります。特に理容店や美容室の来店客は、一度固定化してしまうとなかなか店を変えたがらないという特性があります。つまり、他店から新規顧客として奪いにくいということです。

 ですが、新規顧客を増やさないことには、繁盛店への道が険しいことは前述の通りなので、今回のコラムでは、理容店や美容室が新規顧客を集客するための方策について見ていきます。

理容店・美容室が新規顧客を獲得する方法1:歓迎していることを訴求する

 冒頭の写真は、都内のある理容店のサインポールですが、見ての通り「初めての方 どうぞ歓迎致します」というPOPが掲示されています。

 自店の前を通る方々全員が行きつけの理容店・美容室を持っているわけではないですし、たまたま今回は違う店を利用したいと思っている顧客がいるかもしれません。そんな場合に、このPOPを見ると、来店のハードルは一気に下がります。

 「求めよ、さらば与えられん」とは聖書の一節ですが、新規顧客が欲しいなら、そのような顧客を求めていることを発信する必要があります。

 同様の取組みに飲食店で最近増えている「お一人様大歓迎」があります。出張先にて一人で食事できる店を探しているときに、入店しやすくなるメッセージと感じるのは、私だけではないはずです。

理容店・美容室が新規顧客を獲得する方法2:新規顧客限定メニューを設ける

 ある顧客だけを対象としたメニューやサービスは、その顧客を歓迎していると捉えることが可能となり、入店のハードルが低くなります。そこで、新規顧客専用のメニューやサービスを設定することが効果的と言えます。

 美容系店舗の検索・予約サイトであるホットペッパービューティーに登録している店舗のメニューを見ると、新規顧客限定クーポンが必ずと言っていいほど掲載されています。これも新規顧客を歓迎しているメッセージとなり得ます。

 同じように、男性客を増やそうとしている美容室は男性限定メニューを掲載して、男性が来店に感じるハードルを下げることに取り組みもあります。

理容店・美容室が新規顧客を獲得する方法3:口コミを集める

 店舗ビジネスを有利に展開するために、グーグルマイビジネスの利用をお勧めしています。これは、グーグルで場所と業種を検索すると、自店の場所、口コミ、ホームページなどが紹介される仕組みで、無料で登録できます。

 この際に重要となるのが口コミです。新規顧客は口コミを見て来店するか否かを決定するケースが多いため、まずは既存顧客にお願いして、登録した自店舗のグーグルマイビジネスに口コミを書いてもらいましょう。
 そして、口コミをいただいたら、その内容が良くても悪くてもサイト上でお礼を述べることによって真摯なイメージを閲覧者に与えることが可能となります。

 口コミに関しては、以下のコラムも参考にして下さい。
 リアル店舗がグーグルマイビジネスで効果を上げる3つのポイント
 エステサロンが口コミで集客する5つの方法

 今回のコラムでは、理容店・美容室が新規顧客を獲得する方法として、1.歓迎していることを訴求する、2.新規顧客限定メニューを設ける、3.口コミを集める、を挙げました。何らかのアクションを起こせば、何らかの反応があるものです。それを踏まえてブラッシュアップしたアクションを起こすことにより、集客力が強化できる可能性が高まりますので、ぜひ、取り組んでみて下さい。

メルマガ会員様募集中

 メルマガ会員様には、リアル店舗の現場経験20年以上、コンサルティング歴10年以上【通算30年以上のノウハウ】を凝縮した【未公開のコラム】や、当サイトに掲載したコラムの【解説動画URL】を優先的に配信しています。
登録はこちらから
↓↓↓

ロードサイド経営研究所メールマガジン登録フォーム(無料)

電子書籍のご案内

 1年で70人のアルバイトに辞められたガソリンスタンド店長が人材に全く困らなくなった理由:育成編~人材が育つ職場と人材に見放される職場の境界線~
2020年3月15日発行 定価1,055円

タイトルとURLをコピーしました