持続化補助金による店舗改装で新事業を立ち上げた美容室の事例④

小規模事業者持続化補助金

 その美容室は70代の代表が一人で切り盛りしていましたが、エステやネイルの施術ができる娘さんを後継者として入店させるとともに、他の美容室で働くお孫さんが入店することとなりました。

 美容室でエステやネイルの施術ができれば、ワンストップで髪も肌も爪も綺麗にすることができ、利便性が高まります。そこで、店内を仕切り、ヘアーとエステ・ネイルそれぞれの施術場所を確保するために店舗改装をすることにし、その費用を小規模事業者持続化補助金で賄うために娘さんが計画書を作成しました。

 弊社は、当該補助金における採択可能性を高めるべく、その計画書のブラッシュアップをご支援しました。結果として同店は、無事採択されましたが、どのようにブラッシュアップしたのか、複数回にわたってご紹介します。

 第4回目の今回は、様式2-1<経営計画>の「4.経営方針・目標と今後のプラン」について見て行きます。

1.小規模事業者持続化補助金<一般型>応募の全体像

 まずは、全体像を把握します。事業者が単独で小規模事業者持続化補助金に応募する際は、原則として以下の書類を作成し、締め切り日までに送付する必要があります。

  • 様式1-1 小規模事業者持続化補助金事業<一般型>に係る申請書
  • 様式2-1 経営計画書兼補助事業計画書①
  • 様式3-1 補助事業計画書②
  • 様式4 事業支援計画書
  • 様式5 補助金交付申請書

 このうち、様式2-1と様式3-1が採択に大きな影響を及ぼします。

2.様式2-1 経営計画書兼補助事業計画書①の全体像

 今回は、様式2-1を見て行きますが、その構成は以下となっています。

  • <応募者の概要>
  • <経営計画>
  • <補助事業計画>Ⅰ.補助事業の内容

3.<経営計画>の全体像

 今回は、様式2-1の<経営計画>を見て行きますが、その構成は以下となっています。

  1. 企業概要
  2. 顧客ニーズと市場の動向
  3. 自社や自社の提供する商品・サービスの強み
  4. 経営方針・目標と今後のプラン

 ここまでをまとめると、今回のコラムでは下図の赤枠で囲んだ部分を見て行くことになります。

4.「経営方針・目標と今後のプラン」の書き方

(1)切り分けをする

 当欄のタイトルは「経営方針・目標と今後のプラン」です。同店が記載されてきた内容はこれらの切り分けがなされないまま記載されていたので、「経営方針」「目標」「今後のプラン」と見出しを設け、それぞれの見出しに対応した内容を記載していただきました。

(2)書くべきところに書く

 事前に同店が記載されてきた内容の中には「常連顧客からの髪・顔・ハンドケアなど一緒に実施して欲しいというと声が挙がっている」といった内容がありました。ですが、この内容は顧客ニーズであり、前々回のコラムで見た「2.顧客ニーズと市場の動向」に記載するべき内容です。

 書くべきところに書くことを意識しないと内容が冗長になりがちで、読み手に伝わりにくくなってしまいます。

(3)時間軸を意識する

 事前に同店が記載されてきた内容の中には、「今後のプラン」に相当する内容がありましたが、時間軸が不明でした。最低限、いつ、何を実施するかが明確に分かるのが「今後のプラン」ですので時間軸を盛り込んでいただきました。

 なお、この「今後のプラン」は3年程度のスパンをとり、縦軸に実施事項(行動)を、横軸に時間軸をとって、表を作成すると一目瞭然となりますので、そのようなまとめ方をお勧めしています。

 このようにして「経営方針・目標と今後のプラン」をブラッシュアップしていきましたが、次回のコラムでは様式2-1<補助事業計画>Ⅰ.補助事業の内容の「2.販路開拓等(生産性向上)の取組内容」を見て行きます。

5.小規模事業者持続化補助金の申請書類作成をサポートします

6.メルマガ会員様募集中

 メルマガ会員様には、リアル店舗の現場経験20年以上、コンサルティング歴10年以上【通算30年以上のノウハウ】を凝縮した【未公開のコラム】や、当サイトに掲載したコラムの【解説動画URL】を優先的に配信しています。登録はこちらから↓↓↓

ロードサイド経営研究所メールマガジン登録フォーム(無料)

7.電子書籍のご案内(2020年7月8日発行 定価1,072円)

タイトルとURLをコピーしました