vol.44_「出ていってもらえますか」(2021.6.6配信)

メルマガバックナンバー

※当コラムは2021年5月30日に配信したメルマガの内容をバックナンバーとして公開したものです。

こんにちは、
ロードサイド経営研究所の三上です。

東京都江東区の弁当店で
横暴な顧客に対する
女性スタッフの毅然とした態度が
話題となっています。
━━━━━━━━━━━━━━━━

同店には、顧客自身が弁当を
温めるための電子レンジが
ありました。

ですが、電子レンジを使用する際に、
密集する状況が何度か発生したため
コロナリスクを回避するべく
電子レンジを撤去していました。

そんな中、弁当を温めたい
顧客2名が激高し、暴言を吐き、
代金を投げつけました。
━━━━━━━━━━━━━━━━━

これに対して、女性スタッフは

「出て行ってもらえますか」
「(あなたは当店の)お客さんじゃ
ないです」
「(お金は)払ってもらってないです。
投げただけです」
「(私はあなたの)奴隷ではありません」

と毅然とした態度で対応しました。
なぜ、そのような態度をとることが
できたのか。

同店の店主は
「お客さんの代わりはいるけど、
スタッフの代わりはいない。」と
話しており、場合によっては
スタッフに顧客を出禁にする権限を
与えています。

これが同店のスタッフを大事にする
取組みです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━

このようにスタッフを
大事にしてくれる職場は
スタッフの定着率が高いはずです。

それは、新規採用のコストを軽減させ、
既存スタッフの経験値を豊富にさせ、
手際の良さが仕事の効率を向上させ、
生産性の上昇に繋がるでしょう。

このようにスタッフを大事にすることは
業績に良い影響を与えるはずです。

ところでこのメルマガを
読まれているみなさんは
スタッフを大事にしていると思います。

ではその取組みを
社外の方に説明するとしたら
どのように説明しますか?

前述した弁当店の店主のように
端的に説明できるでしょうか。

━━━━━━━━━━━━━━━━━

メルマガ登録はこちらから↓↓↓
https://ssl.form-mailer.jp/fms/33bd5af2611330

タイトルとURLをコピーしました