自信とモチベーション

水抜剤とは

 昔、ガソリンスタンドには「水抜剤」という商品がありました。
 車両の燃料タンクは密閉されていますから、タンク内の温度と外気温に差があり、内部の温度が高ければ、結露が発生します。
 結露により燃料タンク内に溜まった水は、油であるガソリンなどの燃料と混ざることなく、エンジンに送られます。エンジンは金属でできているため、錆の原因となり、燃料経路の詰まりを引き起こす可能性を高めます。

 「水抜剤」は、主成分がアルコールで、水と油を中和させます。それがエンジンに送られ、油と中和された水がエンジン内で燃焼され、タンク内の水をなくすことができる、というものです。

新たな知識が販売につながる

 この話を、入社数か月が経過し、給油や窓ふき作業に慣れてきた(飽きてきた)アルバイトさんなどに教えてあげると、ガソリンスタンドならではの専門性を得ることができた、という顔で興味深く話を聞いてくれます。知識が増える喜びを味わうわけです。
 そして、「水抜剤」を1本販売すると給料に〇円加算、といったスタッフ向けキャンペーンを実施すると、そこそこの本数を販売してくれます。

 エンジンオイルやタイヤの交換のような、技術を要しないため、技術的な教育も必要なく、ガソリンスタンドは売上を増加させることが可能となります。

「解釈」がモチベーションに影響を及ぼす

 1回目の「水抜剤」キャンペーンで成功を収めると、2度3度とキャンペーンを行うようになりますが、キャンペーンを重ねるたびに水抜き剤が売れなくなるケースがあります。その理由は、スタッフがキャンペーンを「アメとムチ」と解釈するようになるからです。「人参をぶら下げて、自分を上手く使おうとしている」と解釈するのです。

 人は、その報酬がコントロールのツールと解釈した場合は、モチベーションが低下します。反面、その報酬が自信に結び付くと解釈した場合は、モチベーションが上がります。そこで、承認がモチベーションに有効となる理由とされています。

 承認は「〇個売れたね」「何分早いね」と「事実」を述べます。それを上司が行うと、自信に繋がり、効果が高くなります。単にたくさん売れたからお金を払う、という単純なことではモチベーションは上がりにくいと考えます。

 なお、現在の車両は、技術革新が進み、燃料タンク内には結露は発生しないとされています。ご参考まで。

メルマガ会員様募集中

 メルマガ会員様には、リアル店舗の現場経験20年以上、コンサルティング歴10年以上【通算30年以上のノウハウ】を凝縮した【未公開のコラム】や、当サイトに掲載したコラムの【解説動画URL】を優先的に配信しています。
登録はこちらから
↓↓↓

ロードサイド経営研究所メールマガジン登録フォーム(無料)

電子書籍のご案内

 1年で70人のアルバイトに辞められたガソリンスタンド店長が人材に全く困らなくなった理由:育成編~人材が育つ職場と人材に見放される職場の境界線~
2020年3月15日発行 定価1,055円

タイトルとURLをコピーしました