長期的に儲かる飲食店で働くアルバイトスタッフ3つの特徴

人材

 元アルバイトスタッフに対するカレーチェーンCoCo壱番屋の神対応が話題となっています。この元アルバイトスタッフはCoCo壱番屋で働いていた大学生時代に、現在のご主人と知り合いました。

 彼女は、大学を卒業してCoCo壱番屋を退職、その後に挙げる結婚式で、CoCo壱番屋のお子様カレーについてくるゼリーを使いたいと考えました。そこで、公式サイトでその旨を連絡しました。

 すると、以前のバイト先の元店長から連絡があり「全く問題ないから何個必要か教えてほしい」、さらには「おめでたい話なので代金はいらない」「レトルトぐらいなら引き出物として無償提供できる」などの申し出があったそうです。

 2019年2月現在、国内で1,305店舗を展開する同社で働くアルバイトスタッフは相当な数になります。同社を卒業したアルバイトスタッフの数も含めると膨大な数になる中、このような対応ができることは、素晴らしいことだと思います。

 それと同じくらい素晴らしいのは、辞めたアルバイト先の商品を結婚式で使おうと考えたこの女性のCoCo壱番屋に対する思い入れです。このような元スタッフを先輩に持つ現スタッフも仕事に熱心であることが想定され、この店舗はきっと業績も良いでしょう。

 ちなみに、CoCo壱番屋を展開する株式会社壱番屋の創業者である宗次徳二氏は、一号店を1978年に出店してから経営を退くまでの2002年までに500店舗を出店し、閉店したのは2店舗のみです。

 さて、今回のコラムでは、そのような長期的に儲かる飲食店で働くアルバイトスタッフの特徴を見ていきます。

儲かる飲食店で働くアルバイトスタッフの特徴1:人材の紹介がある

 長期的に儲かる飲食店は、高い顧客満足度を提供し続けているわけですが、それをもたらすのは、高い従業員満足です。高い従業員満足を得たアルバイトスタッフからは、口コミが発生し、結果として紹介による新規アルバイトスタッフの採用が頻繁に発生します。

 なお、従業員満足の構成要素は、能力開発、モチベーション、標準化の3つとされています。詳しくは以下のコラムを参考にしてください。
 【参考コラム】
 ガソリンスタンドが従業員満足の向上に取り組むべき理由とは
 止血をしてから輸血をする!人手不足を克服する7つの対策

儲かる飲食店で働くアルバイトスタッフの特徴2:引き際が綺麗

 アルバイトスタッフとして働いていたものの、何らかの事情で辞める場合、1カ月前までに退職の意思を表示し、最後まで勤め抜いて辞めるスタッフが多い飲食店は、長期的に儲かる飲食店です。

 1カ月前に退職の意思表示をして残りの1カ月を働くということは、居心地が悪くなりがちです。それにも拘わらず、ちゃんと残りの1か月を働きとおすことが出来るということは、店舗内の人間関係が良好だということであり、人間関係の良さは高い業績に繋がります。以下のコラムを参考にしてください。
 【参考コラム】
 職場の人間関係の良さと業績の高さが比例する3つの理由

儲かる飲食店で働くアルバイトスタッフの特徴3:退職後も来店する

 従業員として居心地が良かった飲食店は、退職しても利用したくなるものです。また、その際の利用の仕方も、かつて働いていたからとスタッフルームへズカズカと入室するような非礼なことは行わず、あくまでも顧客として節度を守った利用の仕方をします。この件に関しては、以下のコラムを参考にしてください。
 【参考コラム】
 適切な距離をとれないから不適切な動画が撮られる

 退職後も顧客として来店していただくという考えは、アルバイトスタッフは将来の顧客候補であるという認識に基づきます。店舗で働くと職場の裏の部分が否応なしに目に入ります。それにも拘わらず顧客として来店するということは、裏の部分がクリーンであることを意味します。

 そして、退職しても顧客として来店してくれれば、顧客が1名増えるわけで、これが積み重なると長期的に儲かる飲食店となるでしょう。

 今回のコラムでは、長期的に儲かる飲食店で働くアルバイトスタッフ3つの特徴として、1.人材の紹介がある、2.引き際が綺麗、3.退職後も来店する、を挙げました。店長はご自身の部下であるアルバイトスタッフが、今回挙げた特徴を持っているかどうか、検討してみてはいかがでしょうか。

メルマガ会員様募集中

 メルマガ会員様には、リアル店舗の現場経験20年以上、コンサルティング歴10年以上【通算30年以上のノウハウ】を凝縮した【未公開のコラム】や、当サイトに掲載したコラムの【解説動画URL】を優先的に配信しています。
登録はこちらから
↓↓↓

ロードサイド経営研究所メールマガジン登録フォーム(無料)

電子書籍のご案内

 1年で70人のアルバイトに辞められたガソリンスタンド店長が人材に全く困らなくなった理由:育成編~人材が育つ職場と人材に見放される職場の境界線~
2020年3月15日発行 定価1,055円

タイトルとURLをコピーしました