小規模事業者持続化補助金に採択!テイクアウト饅頭店の事例③

小規模事業者持続化補助金

 「強み」の定義付けをすることにより、「強み」かそうでないかの判断基準が確立することになります。なお、この定義は世間一般から見て、妥当な内容であるべきことは言うまでもありません。

 テイクアウトを強化するべく、小規模事業者持続化補助金を活用することとした饅頭店が、採択されるレベルの計画書をどのようにして作成したか、そのプロセスをご紹介するシリーズの3回目は、様式2<経営計画>の「3.自社や自社の提供する商品・サービスの強み」について見ていきます。

「強み」の定義

 言葉の定義は様々であることとその重要性は、前回のコラム「小規模事業者持続化補助金に採択!テイクアウト饅頭店の事例②」で見た通りですが、「強み」に関しても自店なりに定義づけをしておく必要があります。

 当コラムでは、これを「顧客に対して価値を提供することができ、競合に対して優位性がある経営資源」と定義付けをして、事例を見ていきます。

 事前に同店が書かれてきた「3.自社や自社の提供する商品・サービスの強み」には以下の記載がありました。

 ①饅頭は地元の名物である
 ②単価が低い  
 ③テイクアウトできる
 ④地産地消にこだわって製造している
 ⑤百貨店に卸売りをしている
 ⑥学校が近い場所に立地している

 これらを以下の手順でブラッシュアップしていきます。

定義を活用する

 繰り返しになりますが、当コラムでは「強み」を「顧客に対して価値を届けることができ、競合に対して優位性がある経営資源」と定義付けしています。この「競合に対して優位性がある」に着目し、①~⑥が競合よりも優れているかを検討します。

 そうすると少なくとも「①饅頭は地元の名物である」は強みにはなり得ないことが分かります。饅頭自体は競合も扱っているからです。その他の②~⑥も、競合と比較する必要があります。

本当の強みを探る

 「②単価が低い」という強みは、競合よりも単価が低いのであれば触れる価値がありますが、なぜ単価が低く販売できるのかを検討する必要があります。

 単価が低く販売できる理由として、例えば、材料を安価に仕入れできる取引先と古くからの関係性がある、大量生産できる設備がある、情報発信を頻繁に行っているため大量販売ができる、などが挙げられたとします。これらが「本当の強み」であり、「単価が低い」は結果に過ぎないと言えます。そして、この「本当の強み」をさらに強化・活用していくことが今後の方向性となります。

強みを切り分ける

 当欄は「自社や自社の提供する商品・サービスの強み」ですので、【自社の強み】と【自社の提供する商品・サービスの強み】に切り分けるとまとめやすくなります。同店は饅頭という商品を販売しているので【自社の提供する商品の強み】とすると良いでしょう。

 そして【自社の強み】は「人」「物」「金」「情報」にグルーピングできます。また【自社の提供する商品の強み】は「物」のうち、商品に関することを抜き出します。

 自社の強みをこれまで意識して来なかった方は、この欄が埋まらなくて困るケースが多いのですが、今回のコラムを参考に、自社の強みを見出していただきたいと思います。

メルマガ会員様募集中

 メルマガ会員様には、リアル店舗の現場経験20年以上、コンサルティング歴10年以上【通算30年以上のノウハウ】を凝縮した【未公開のコラム】や、当サイトに掲載したコラムの【解説動画URL】を優先的に配信しています。
登録はこちらから
↓↓↓

ロードサイド経営研究所メールマガジン登録フォーム(無料)

電子書籍のご案内

 1年で70人のアルバイトに辞められたガソリンスタンド店長が人材に全く困らなくなった理由:育成編~人材が育つ職場と人材に見放される職場の境界線~
2020年3月15日発行 定価1,055円

タイトルとURLをコピーしました