持続化補助金による店舗改装で新事業を立ち上げた美容室の事例②

小規模事業者持続化補助金

 その美容室は70代の代表が一人で切り盛りしていましたが、エステやネイルの施術ができる娘さんが後継者となるとともに、他の美容室で働くお孫さんが入店することとなりました。

 美容室でエステやネイルの施術ができれば、ワンストップで髪も肌も爪も綺麗にすることができ、利便性が高まります。そこで、店内においてヘアーの施術場所とエステやネイルの施術場所を仕切るために店舗改装をすることにし、その費用を小規模事業者持続化補助金で賄うために娘さんが計画書を作成しました。

 弊社は、同店に対してその計画書のブラッシュアップに関するご支援という形で携わりました。結果として同店は、無事採択されましたが、どのようにブラッシュアップしたのか、複数回にわたってご紹介します。第2回目の今回は、様式2-1<経営計画>の「2.顧客ニーズと市場の動向」について見て行きます。

1.小規模事業者持続化補助金<一般型>応募の全体像

 まずは、全体像を把握します。事業者が単独で小規模事業者持続化補助金に応募する際は、原則として以下の書類を作成し、締め切り日までに送付する必要があります。

  • 様式1-1 小規模事業者持続化補助金事業<一般型>に係る申請書
  • 様式2-1 経営計画書兼補助事業計画書①
  • 様式3-1 補助事業計画書②
  • 様式4 事業支援計画書
  • 様式5 補助金交付申請書

 このうち、様式2-1と様式3-1が採択に大きな影響を及ぼします。

2.様式2-1 経営計画書兼補助事業計画書①の全体像

 今回は、様式2-1を見て行きますが、その構成は以下となっています。

  • <応募者の概要>
  • <経営計画>
  • <補助事業計画>Ⅰ.補助事業の内容

3.<経営計画>の全体像

 今回は、様式2-1の<経営計画>を見て行きますが、その構成は以下となっています。

  1. 企業概要
  2. 顧客ニーズと市場の動向
  3. 自社や自社の提供する商品・サービスの強み
  4. 経営方針・目標と今後のプラン

 ここまでをまとめると、今回のコラムでは下図の赤枠で囲んだ部分を見て行くことになります。

4.「顧客ニーズと市場の動向」の書き方

(1)市場の動向として競合調査を行う

 同店が当欄へ事前に書かれてきた内容に競合動向が盛り込まれていました。競合6店について、自店からの距離、客層、カット・パーマ・毛染めそれぞれの料金を示すとともに、近隣の自治体含めて立地する美容室11店舗について、同店がこれから始めるヘアー・エステ・ネイルのワンストップサービスを実施しているかが記載されていました。

 ここまでしっかり競合調査ができると、自店の差別的優位性が明確になり、次の項目である「自社や自社の提供する商品・サービスの強み」が記載しやすくなります。しかし、当欄に盛り込むべき内容が競合動向だけでは偏りがあります。

(2)市場の動向として商圏人口調査を行う

 同店は、市場の動向として競合動向を記載していましたが、それだけで当欄全体の95%を占めていました。外部環境は、政治・経済・ライフスタイル・技術といったマクロ環境の他に競合や顧客といったミクロ環境がありますが、最低限、ミクロ環境は押さえるべきです。

 同店は、すでに競合動向については述べておられましたので、それに加え、顧客動向として商圏人口の推移などを盛り込むことをお勧めしました。自治体のホームページや、地域経済分析システムRESAS(リーサス)を活用すると良いでしょう。

(3)顧客ニーズを盛り込む

 弊社では、顧客ニーズを「自店を利用して達成したい顧客の目的」と定義しています。当欄では、日々の美容室運営の他に、代表の娘さんが実施しているエステ・ネイルの提供を通じて感じ取った顧客の目的を列挙する必要があります。

 顧客は基本的に「Quality (品質)」、「Cost(費用、価格)」、「Delivery(納期)」の頭文字を繋いだQCDの観点から店舗を利用なさいますので、顧客はどのようなQCDを当店に求めているのかを記載していただきました。

 このようにして「顧客ニーズと市場の動向」をブラッシュアップしていきましたが、次回のコラムでは「自社や自社の提供する商品・サービスの強み」を見て行きます。

5.小規模事業者持続化補助金の申請書類作成をサポートします

6.メルマガ会員様募集中

 メルマガ会員様には、リアル店舗の現場経験20年以上、コンサルティング歴10年以上【通算30年以上のノウハウ】を凝縮した【未公開のコラム】や、当サイトに掲載したコラムの【解説動画URL】を優先的に配信しています。登録はこちらから↓↓↓

ロードサイド経営研究所メールマガジン登録フォーム(無料)

7.電子書籍のご案内(2020年7月8日発行 定価1,072円)

タイトルとURLをコピーしました