多発する交通事故を防止するためにロードサイド店舗が出来ること

戦略の考え方

 池袋で発生した母親と3歳の女児が死亡した交通事故では、発生してから1か月後の昨日、遺族が会見を開き、現在を「生き地獄」と表現し、未だに仕事に行けていないことを明らかにしました。可愛い盛りの娘、愛妻を一気に失った心境たるや想像を絶するものがあるでしょう。

 方や、加害者である80代の男性は、車の運転を医師から止められている中で車を暴走させてしまいました。このような高齢者が運転ミスで歩行者を死傷させる事故のニュースは年々増加しているように思います。

 今回のコラムでは、このような絶望を減らすためにロードサイド店舗が出来ることを見ていきたいと思います。

地方居住者にとって車は足である

 私は、昨日より小規模事業者持続化補助金の採択を狙う方向けのセミナーに登壇するために、長野県駒ヶ根市に来ていますが、現地の複数の方々に「車で来たのですか」と訊かれました。というのも、現地では車が主要な移動手段という認識があるためとのことで、この「車で来たのですか」は挨拶のようなものなのだそうです。

 地方に行けば行くほど、車は主要な交通手段になります。よって、ご高齢になっても運転免許と車を手放せない方は相当な数に上ると思います。それは運転ミスによる交通事故発生の確率が高まることを意味しています。そして、そのことが他人事ではないことを私は、一昨年に痛感させられました。

赤信号が見えていない

 青森県青森市にある私の実家では、80歳に手が届く両親が2人で暮らしていますが、一昨年に帰省した際、私の父親が車で駅に迎えに来てくれました。私が、父親の運転する車の助手席に乗り込み、父親の運転で駅から実家に向かう途中のことです。

 前方の交差点の信号は赤でした。交差点が迫ります。しかし、父親はスピードを緩めようとしません。交差点がさらに迫ります。しかし、父親は平然と運転しており、スピードを緩めようとしないのです。「ちょっとちょっと、赤だよ!」と叫んだ私。慌ててブレーキを踏む父親、鳴り響く急ブレーキのタイヤ音。

 事故がなかったのが幸いでした。聞くと赤信号が見えていなかったとのこと。私はこのことを母親にも告げ、免許の返納を強く勧めました。しかし、その後も父親は車を乗り続けていたそうです。その数ヶ月後に、またしても赤信号を見落としかけたとのことで、父親はとうとう免許の返納を決意しました。それも免許の更新時期が間もなかったという後押しがあって、返納が決意できたとのことでした。

 このように、地方に行けば行くほど、車と生活は密接に関連しており、なかなか免許返納に至らないのが実情なのでしょう。ですが、他人の命を奪ってからでは遅いのです。これを踏まえた上で、多くの方が車で来店されるロードサイド店舗が出来ることを考えてみます。

顧客に有益な情報を

 地域の高齢者が免許を返納するということは、ロードサイド店舗にとっては、顧客が減少する可能性をはらみます。ですが、そのような目先の利益よりも、高齢者の運転ミスによる交通事故で絶望をもたらさないという社会的な利益を追っていることを訴求することは、却って自店のファンが増える可能性が高まります。

 具体的な例として、以下の内容を調べた上で、その情報を掲載したチラシを作成し、レジでの会計時に配布します。
 ・昨今発生した交通事故の報道内容
 ・高齢者の免許返納制度について
 ・免許を返納するべき高齢者とそうでない高齢者
 ・免許を返納した高齢者に対する当店の特典

 現在、免許を返納した高齢者には、タクシーや飲食、医療など様々な分野で特典が用意されています。ですが、免許を返納した高齢者がぼやくのは、割引幅が小さいなど魅力的な特典がない、ということです。よって、次のような特典が考えられます。

顧客を増やす特典を

 特典を検討する際は、免許を返納した高齢者が直接的に享受する特典を検討するだけでなく、免許を返納した高齢者の周囲が享受できる特典も検討する必要があります。

 例えば、ガソリンスタンドであれば、免許を返納した高齢者に、ガソリンの割引カードを発行し、有効期限内は、本人以外も使えるようにすれば、その高齢者の家族や知人にそのカードが渡ることにより、新規顧客が増加する可能性が高まります。

 例えば、飲食店であれば、免許を返納した高齢者がグループに1人でもいれば、そのグループの会計を割引することにより、その高齢者を含めたグループの来店が促進され、客数を確保することが可能です。

 これらにより、免許を返納した高齢者は、車に乗っている家族や知人、グループに対する「お役立ち感」を得ることができるというメリットを得られます。

 ロードサイド店舗の強みは、車で来る顧客を相手に出来ることです。多発する交通事故を防止するためにロードサイド店舗が出来ることとして、車で来る顧客に対する安全の啓蒙を通じた特典の享受が挙げられるでしょう。

メルマガ会員様募集中

 メルマガ会員様には、リアル店舗の現場経験20年以上、コンサルティング歴10年以上【通算30年以上のノウハウ】を凝縮した【未公開のコラム】や、当サイトに掲載したコラムの【解説動画URL】を優先的に配信しています。
登録はこちらから
↓↓↓

ロードサイド経営研究所メールマガジン登録フォーム(無料)

電子書籍のご案内

 1年で70人のアルバイトに辞められたガソリンスタンド店長が人材に全く困らなくなった理由:育成編~人材が育つ職場と人材に見放される職場の境界線~
2020年3月15日発行 定価1,055円

タイトルとURLをコピーしました