暇な時間、閑散期の販売

コラム

儲かるロードサイド店の共通点

 儲かるロードサイド店にはいくつかの共通点がありますが、その一つに「踏ん張る力」が強いというものがあります。

 例えば、ガソリンスタンドでは、店舗が閑散としているアイドルタイムと、店舗が混雑しているラッシュアワーがあります。平日日中などはアイドルタイムが多く、平日の夕方や週末などはラッシュアワーが訪れます。

 儲からないガソリンスタンドは、閑散としているアイドルタイムに、給油客に対して「洗車機が空いていますので、すぐ洗車できますが、いかがですか」「ピットが空いていますので、すぐで作業できますが、エンジンオイルの交換はいかがですか」とあれこれしつこく声を掛け、顧客から不評を買います(ちなみに声を掛けることよりも、しつこいことが不評を買います)。

 これに対して、混雑しているラッシュアワーでは、給油をしたら即、会計をして顧客を流そうとします。ラッシュアワーに顧客を流そうしているのに、顧客から洗車を頼まれて、露骨に嫌な顔をした店長・スタッフを見かけたことも1回2回ではありません。

 儲かるガソリンスタンドは、ラッシュアワーに顧客を流したくなる情動を抑え、給油客に対し、声掛けをする力があります(ちなみにラッシュ時の声掛けですから、しつこくありません)。この力を弊社では「踏ん張る力」と呼んでいます。
 声を掛けられた顧客の一定数は、洗車なりオイル交換に応じますので、必然的にラッシュアワーの時間が伸びます。営業時間の中で、ラッシュアワーが占める割合が高まれば、当然、売上は上昇します。

踏ん張る力をつけるには

 踏ん張る力をつけることに費用はほとんどかかりません。まずは、店長自身がラッシュアワーに踏ん張って販売し続け、率先垂範をすることです。ただでさえ忙しい店長が、ラッシュ時において販売に尽力することは、大変なことです。その大変なことをやり続けているから、スタッフも踏ん張るようになるのです。

 1日や2日間、店長が踏ん張り力を見せたところで、スタッフは動いてくれないはずです。スタッフが踏ん張ってくれる店は、スタッフが踏ん張ってくれるまで店長が踏ん張り続けた店なのです。

メルマガ会員様募集中

 メルマガ会員様には、リアル店舗の現場経験20年以上、コンサルティング歴10年以上【通算30年以上のノウハウ】を凝縮した【未公開のコラム】や、当サイトに掲載したコラムの【解説動画URL】を優先的に配信しています。
登録はこちらから
↓↓↓

ロードサイド経営研究所メールマガジン登録フォーム(無料)

電子書籍のご案内

 1年で70人のアルバイトに辞められたガソリンスタンド店長が人材に全く困らなくなった理由:育成編~人材が育つ職場と人材に見放される職場の境界線~
2020年3月15日発行 定価1,055円

タイトルとURLをコピーしました