人材

コラム

新人スタッフの早期退職防止策:マズローの欲求5段階説に基づく実践的アプローチ

早期退職してしまう新人スタッフは多いものですが、そのリスクを低減するため、この記事では、マズローの欲求5段階説で示されている「欠乏動機」にフォーカスし、新人スタッフの欠乏動機を満たすための具体的な方策を事例を紹介しながら述べています。
コラム

油外商品販売促進の落とし穴:管理強化が招くモチベーション低下のリスク

本社の管理強化が現場スタッフのモチベーション低下を招き、業績に悪影響を及ぼしたガソリンスタンドの事例を分析しました。心理的リアクタンスの発生に留意することや、マグレガーのX理論ではなくY理論に基づいて自主性を尊重することが必要です。
コラム

内発的動機づけvs外発的動機づけ:ガソリンスタンドの成功と失敗の事例

内発的動機づけと外発的動機づけの違いを解説しました。内発的は自発的な行動、外発的は報酬や強制による行動。実験で外発的圧力が内発的動機づけを低下させることが示唆され、ガソリンスタンドの事例も内発的なアプローチの重要性を明らかにしています。
コラム

一貫性の法則を活用してスタッフの販売意欲を向上させたガソリンスタンドの事例

一貫性の法則という心理効果に基づく行動は、選択の簡素化や信頼構築に役立つからこそ、無意識にとっています。この心理効果の内容、実験やガソリンスタンドの事例を通じてその有効性を示し、販売現場での活用の留意点を述べました。
コラム

ガソリンスタンドは底辺職?静岡県知事の発言から見る職業差別と認知バイアスの罠

静岡県知事の職業差別ともとれる発言を受け、底辺職と呼ばれることにどう向き合うかという視点で述べました。偏見や認知バイアスに左右されず、自己肯定感を高めるためには、事実と解釈の切り分けや、他者に価値を決定させない姿勢が重要です。
コラム

【ガソリンスタンドの油外収益向上策】スタッフのモチベーションアップ戦略

自己決定理論における自律性を高めることでスタッフのモチベーションを上げ、幸福感を増強する方策をガソリンスタンドを例に述べました。リーダーの行動を4つに分け、部下のキャリアに応じてリーダーシップを発揮することがポイントです。
コラム

心理的安全性を高めるためにガソリンスタンドの店長がとるべき2つの行動

グーグルの調査研究によって効果の高いチームにするためには心理的安全性が重要であることが分かりました。この心理的安全性とは何か、また、ガソリンスタンドが心理的安全性を高めるべき理由やそのためのリーダーがとるべき具体的な行動を提案します。
コラム

ベテランスタッフのモチベーション向上策:動機づけ=衛生理論に基づく対応とガソリンスタンドの事例

この記事では、アメリカの臨床心理学者であるハーズバーグ氏が提唱した「動機づけ=衛生理論」に基づき、モチベーションが向上する仕組みを解説しました。ガソリンスタンドのベテランスタッフが成果を出した事例を通じて、具体策を理解していきましょう。
コラム

早期退職を防ぐ!新人スタッフ定着の秘訣とは?

入社しても早期に退職してしまう人材を減らすため、新人スタッフとの定期面談が重要であることを認知的不協和の理論をもとに述べました。面談では、傾聴と承認を通じて不安を解消し、自信を与えることがポイントであり、具体的な留意点も述べています。
コラム

心理的リアクタンスの克服法:承認がもたらす効果とガソリンスタンドでの具体例

販売させようとする上司の行為が、部下に心理的リアクタンスを抱かせてしまうと、部下の行動は消極的になっていきます。具体的な行動や成果を承認していくことで、スタッフの自己効力感やモチベーションを高め、業績向上に貢献することを述べました。
タイトルとURLをコピーしました