経営が厳しい呉服店がブログで集客するための5つの留意点

インターネットの活用

 呉服店を営む、ある経営者の相談に触れる機会がありました。この呉服店は、地方に立地する小規模店舗であり、現在、集客に苦労している状況です。そこで、ブログを立ち上げて着物の楽しさ、親しみやすさを訴求し、若い方達に着物の楽しさを知ってもらい、興味を持ってもらいたいと考えていますが、これに対して意見が欲しいというものです。

 そこで今回のコラムでは、このような経営が厳しい呉服店がブログで集客するための留意点について見ていきます。

経営が厳しい呉服店がブログで集客するための留意点1:毎日最低1年間更新する

 ブログで生計を立てているあるブロガーによると、ブログを毎日更新する日が3か月継続する人は全体の8割、6か月継続する人は5割、1年となると1割なのだそうです。

 よって、毎日1年間更新することは、他店との差別的優位性がひとつ構築されることとなります。ギブ(与える)&テイク(もらう)といいますが、まず情報を大量にギブすることにより、テイクが発生することに留意したいところです。

経営が厳しい呉服店がブログで集客するための留意点2:同時刻に更新する

 現在人気のユーチューブ動画「ヴァンゆんチャンネル」を提供する「ヴァンビさん」と「ゆんさん」は、毎日ユーチューブに15分程度の動画をアップしていますが、その時刻は20:30と決めています。

 これは、ユーチューブにアクセスする人の生活パターンに食い込むことを狙っています。私たちは、朝食を摂る時、通勤している時、昼休みを取っている時など、毎日様々な「時」を過ごします。

 その「時」に食い込むことができれば、ヘビーユーザーになってもらえる可能性が高まります。よって、予約投稿をして毎日同時刻に更新することが重要となります。

経営が厳しい呉服店がブログで集客するための留意点3:顧客の課題を解決する

 着物が売れない理由は以下の8つと言われます。
 1.高くて買えない
 2.気に入ったデザインが見つからない
 3.どこで購入すればいいかわからない
 4.気軽に入れない
 5.着付けができない
 6.着こなし方がわからない
 7.着る機会がない
 8.手入れ方法がわからない

 例えば「高くて買えない」に対して、着物の価格に対してどのような価値があるのかを訴求すれば、「高い」という課題を解決することが可能となります。また、「気に入ったデザインが見つからない」に対しては、多様なデザイン、流行や売れ筋のデザインを訴求したりすることにより、デザインに関する課題を解決することが可能となります。このように、ブログを通じて顧客の課題を解決することが集客に結び付くでしょう。

経営が厳しい呉服店がブログで集客するための留意点4:貴店でなければ書けない記事を書く

 その記事が、貴店でなければ書けない記事、貴店のブログでなければ読めない記事であれば、その価値は高まります。調べれば誰でも分かる記事を書いても、そもそも検索に引っ掛かりにくいですし、結果として集客には繋がりにくいこととなります。

 ある呉服店では、経営者が茶道や華道に詳しく、ご自身の体験をもとにブログを書き、顧客から高い評価を得ています。ある事象を述べ、それに対するご自身の心象を述べることでブログ記事は構成されますが、その際に、貴店ならではの情報が盛り込まれることが必要です。

経営が厳しい呉服店がブログで集客するための留意点5:成果が出るまで諦めない

 ブログ記事を10や20個書いて、顧客が集まり、着物が売れていくのであれば、誰も苦労しません。誰でもできることを誰もができないくらい続けることが成功のポイントです。

 そのためには、毎日ブログを書くと決めること。成果が出るまで続けると決めること。この覚悟ができた呉服店だけがブログで成功を収めることができるのは自明の理です。時間がないのはどの呉服店も同じです。貴店の意思が試されていると言えるでしょう。

 今回のコラムでは、経営が厳しい呉服店がブログで集客するための留意点として、1.毎日最低1年間更新する、2.同時刻に更新する、3.顧客の課題を解決する、4.貴店でなければ書けない記事を書く、5.成果が出るまで継続する、を挙げました。

 商圏人口が減少する中、客数を維持するには商圏を広げる必要があります。その際に有効なツールがインターネットです。そして費用をかけずに集客できるツールがブログですので、ぜひ活用していただければと思います。

メルマガ会員様募集中

 メルマガ会員様には、リアル店舗の現場経験20年以上、コンサルティング歴10年以上【通算30年以上のノウハウ】を凝縮した【未公開のコラム】や、当サイトに掲載したコラムの【解説動画URL】を優先的に配信しています。
登録はこちらから
↓↓↓

ロードサイド経営研究所メールマガジン登録フォーム(無料)

電子書籍のご案内

 1年で70人のアルバイトに辞められたガソリンスタンド店長が人材に全く困らなくなった理由:育成編~人材が育つ職場と人材に見放される職場の境界線~
2020年3月15日発行 定価1,055円

タイトルとURLをコピーしました