小規模事業者持続化補助金で集客力を高めたエステサロンの事例⑥

小規模事業者持続化補助金

 事前に構成を検討し、削除できる部分を探し、具体性を意識して書くことで、小規模事業者持続化補助金に採択される可能性が高まります。

1.小規模事業者持続化補助金「エステサロン」採択のポイント

 小規模事業者持続化補助金を活用して、情報発信と店舗改装に関する費用を調達するために、あるエステティックサロンの経営者が作成した計画書を採択レベルにブラッシュアップしていったプロセスをご紹介していきます。

 今回は、下図の赤枠部分、様式2-1<補助事業計画>内の「2.販路開拓等(生産性向上)の取組内容」を見ていきます。

(1)内容を整理する

 同店が事前に記載されてきた内容を整理すると概ね以下の内容となりました。

 【概要】

 (1)新メニュー「▽□コース」の導入に伴う、新規顧客の開拓と既存顧客へのダイレクトメールの発送。

 (2)施術室のベッド間の仕切りがカーテンのため、隣の顧客とスタッフの会話などが聞こえ、気になってしまうため、仕切りをパーティションにして、施術中の静寂さを確保し、今まで以上に顧客がリラックスできる空間を作り、再来店を促進させる。

 【実施内容】

 (1)新施術コースによる顧客開拓・DM発送

  ①新メニューの施術内容と効果

  ②新規顧客開拓に向け、地域情報誌を活用し、PRを行う。

  ③活用する地域情報誌は、以前から活用しており反応が期待できる「○○誌」と「月刊△▽」の2種類とする。

  ④既存顧客(休眠客、初回お試しのみの顧客含む)約400名へダイレクトメールを発送し、来店を促す。

 (2)施術室の雑音軽減

  ①現在、施術室のベッド間をカーテンで仕切っているが、パーティションにして、雑音を軽減する。

 これらをブラッシュアップしていくこととなります。

(2)構成を検討する

 前述の内容の構成は、大きく【概要】と【実施内容】に分かれ、【概要】として新メニューの告知とパーティションの設置を掲げています。そして【実施内容】として新メニューの内容と告知方法を、また、パーティションの設置を示しています。

 この構成は、予め構成を考えて記載したのではなく、行き当たりばったりで書きたいことを書いた結果という印象を受けました。その理由は、内容が重複していることと、新メニューの告知とパーティションの設置で文字数に大きな乖離があるからです。

 一事が万事で、出たとこ勝負で計画書を書く経営者は、得てして事業も出たとこ勝負になりがちです。それはこの計画書の読み手も感じることですので、補助金を差し上げることに不安を感じ、採択されない可能性を高めてしまいます。

 そこで、全体の構成を検討した結果、以下の構成となりました。

 【概要】

 (1)地域情報紙への掲載、(2)ダイレクトメールの発送、(3)店内パーティションの設置

 【実施内容】

 (1)地域情報紙掲載の実施内容、(2)ダイレクトメール発送の実施内容、(3)店内パーティション設置の実施内容

 ポイントは「何に補助金を使うのか」という切り口から構成を考えた点です。

(3)削除できる部分を探す

 事前に書かれてきた内容のうち【概要】の(2)と【実施内容】の(2)は、どちらもパーティションを設置することとその効果が書かれており、内容が重複しています。そこで、不要と判断できた部分は削除してシンプルにまとめました。

(4)具体性を意識する

 新たに構成し直した【実施内容】は、前述の通り(1)地域情報紙掲載の実施内容、(2)ダイレクトメール発送の実施内容、(3)店内パーティション設置の実施内容としましたが、それぞれの実施内容は、いつ(When)、どこで(Where)、だれが(Who)、なにを(What)、なぜ(Why)、どのように(How)で構成される5W1Hでまとめました。

 例えば(1)地域情報紙掲載の実施内容であれば、以下のように記載します。なお、「?」の部分は新たに検討して盛り込んでいただきました。

 ・いつ掲載するのか→?

 ・どこへ掲載するのか→以前から活用しており反応が期待できる「○○誌」と「月刊△▽」

 ・だれが掲載するのか→同店代表が「○○誌」担当者●●氏と「月刊△▽」担当者▲▼氏へ依頼

 ・なにを掲載するのか→新メニューの内容と効果

 ・なぜ掲載するのか→新規顧客を開拓するため

 ・どのように掲載するのか→?

 なお、「なにを掲載するのか」の部分では、どのような点を工夫したのか「創意工夫の特徴」を意識して記載していただきました。これは、公募要領の下記「審査の観点」を意識したものです。

 このようにして、様式2-1内の<補助事業計画>「2.販路開拓等(生産性向上)の取組内容」をブラッシュアップしました。次回は「4.補助事業の効果」について見ていきます。

2.小規模事業者持続化補助金の申請書類作成をサポートします

3.メルマガ会員様募集中

 メルマガ会員様には、リアル店舗の現場経験20年以上、コンサルティング歴10年以上【通算30年以上のノウハウ】を凝縮した【未公開のコラム】や、当サイトに掲載したコラムの【解説動画URL】を優先的に配信しています。登録はこちらから↓↓↓

ロードサイド経営研究所メールマガジン登録フォーム(無料)

4.電子書籍のご案内(2020年7月8日発行 定価1,072円)

タイトルとURLをコピーしました