持続化補助金で店舗改装資金を調達したギフトショップの事例⑤

小規模事業者持続化補助金

 そのギフトショップは、地域に2店舗を展開しておりましたが、そのうち1店舗の老朽化が進んでいたことから、顧客にインパクトを与え、店頭を活性化するために、店舗外観の改装をしたいと考えるようになりました。

 その費用を小規模事業者持続化補助金で調達しようとした同店に対して、弊社は当該補助金における採択可能性を高めるべく、その計画書のブラッシュアップをご支援しました。結果として無事採択されましたが、どのように計画書をブラッシュアップしたのか、複数回にわたってご紹介します。

 第5回目の今回は、様式2-1<経営計画>の「4.経営方針プラン」について見て行きます。

1.小規模事業者持続化補助金<一般型>応募の全体像

 まずは、全体像を把握します。事業者が単独で小規模事業者持続化補助金に応募する際は、原則として以下の書類を作成し、締め切り日までに送付する必要があります。

  • 様式1-1 小規模事業者持続化補助金事業<一般型>に係る申請書
  • 様式2-1 経営計画書兼補助事業計画書①
  • 様式3-1 補助事業計画書②
  • 様式4 事業支援計画書
  • 様式5 補助金交付申請書

 このうち、様式2-1と様式3-1が採択に大きな影響を及ぼします。

2.様式2-1 経営計画書兼補助事業計画書①の全体像

 今回は、様式2-1 経営計画書兼補助事業計画書①を見て行きますが、その構成は以下となっています。

  • <応募者の概要>
  • <経営計画>
  • <補助事業計画>Ⅰ.補助事業の内容

3.<経営計画>の全体像

 今回は<経営計画>の内容を見て行きますが、その構成は以下となっています。

  1. 企業概要
  2. 顧客ニーズと市場の動向
  3. 自社や自社の提供する商品・サービスの強み
  4. 経営方針・目標と今後のプラン

 今回のコラムでは、4.経営方針・目標と今後のプランを見ていきますが、ここまでをまとめると、今回のコラムでは下図の赤枠で囲んだ部分を見て行くことになります。

4.「4.経営方針・目標と今後のプラン」の書き方

(1)方針と目標を混同しない

 同店が当欄に予め記載されてきた内容を拝見すると「経営方針」「目標」「今後のプラン」と3つの見出しが設けられており、内容を切り分けて記載する意識が窺えました。これは非常に良いと思いましたが、「経営方針」として「○○を目指す」という記載がありました。

 ○○を目指すということは、○○は目標ということになります。経営方針は目標達成の方向性です。例えば○○を達成するために「ネットを活用する」という方向性や「集客力を高める」などといった内容が方向性となります。よって、方針と目標を混同しないように再考していただきました。

(2)目標と手段を混同しない

 同店が当欄に予め記載されてきた「目標」として「売上高△△円」という記述があり、それに続けて「具体的には…」と達成のために起こす行動を述べていました。ですが、この具体的な行動は手段であり、目標ではありません。この具体的な行動は「今後のプラン」に記載する内容ですので、そちらへ移動していただきました。

(3)時間軸を示す

 同店が当欄に予め記載されてきた「今後のプラン」は具体性が乏しかったため、より具体化していただき、「目標」欄から「今後のプラン」へ移動してきた具体的行動を含め、表の縦軸に列挙していただきました。

 その上で、表の横軸には3年の時間軸をとり、1年を3ヶ月ごとの4半期に分け、いつどの行動を起こすのかが分かるようにマーキングしていただきました。プランである以上、時間軸はしっかりと盛り込む必要があります。

 このようにして「4.経営方針・目標と今後のプラン」をブラッシュアップしていただきました。次回のコラムでは「<補助事業計画>2.販路開拓等(生産性向上)の取組内容」を見て行きます。

5.小規模事業者持続化補助金の申請書類作成をサポートします

6.メルマガ会員様募集中

 メルマガ会員様には、リアル店舗の現場経験20年以上、コンサルティング歴10年以上【通算30年以上のノウハウ】を凝縮した【未公開のコラム】や、当サイトに掲載したコラムの【解説動画URL】を優先的に配信しています。登録はこちらから↓↓↓

ロードサイド経営研究所メールマガジン登録フォーム(無料)

7.電子書籍のご案内(2020年7月8日発行 定価1,072円)

タイトルとURLをコピーしました