高齢者が主要顧客の婦人服店が気付いた自店のもつ常識の間違い

経営の姿勢

小規模事業者持続化補助金の採択結果

 2018年3月9日公募開始、2018年5月18日締め切りの「平成29年度 補正予算 小規模事業者持続化補助金」の採択結果が昨日発表となりました。

 商工会議所経由で応募された事業者の採択結果
 日本商工会議所 平成29年度補正予算小規模事業者持続化補助金

 商工会経由で応募された事業者の採択結果
 全国商工会連合会 平成29年度補正予算小規模事業者持続化補助

 当社がご支援した事業者の方々も多数採択されたわけですが、その中に主要顧客が80代の女性という老舗の婦人服店がありました。若い時にこの店舗で買い物をした女性が、そのまま同店の固定客となり、現在に至っているのです。

客数が減少している原因

 しかし、同店の客数は徐々に減少していました。その理由は、顧客がお亡くなりになったため、また、介護施設に入居したため、というものがほとんどでした。よって、新規顧客を獲得していかなければ、いずれ客数はゼロになってしまいます。

 さて、同店の主要顧客である80代の女性は一人で来店するかというと、そういう方は稀なわけで、50代や60代の娘さんが運転する車に乗せられて来店するケースがほとんどなわけです。

 ところが、同店の品ぞろえは、80代の方向けの商品であり、50代、60代向けの商品がほとんどありません。傍から見ると、50代、60代の女性も来店するわけですから、その世代を顧客と捉えて品ぞろえをすれば、80代の顧客の減少分を50代、60代の顧客で補うことができます。
 しかし、指摘されるまでそのことに気付くことができなかったのは、同店の主要顧客は80代であるため、80代向けの売り場づくりをしなければならないという「同店の常識」に捉われた考え方があったためです。

自分の常識を疑う

 このコラムは、新神戸から東京へ向かう新幹線の中で書いています。新神戸駅までは「神姫バス」というバスで移動してきました。私は、この「神姫」を「かみひめ」と読んでいましたが、実は「しんき」と読みます。
 この話をすると、現地の人は「しんき」と読むのが常識である、という顔をします。しかし、現地以外の人の多くは、そのようには読めないはずです。

 また、あるメガバンクは、経営破綻の危機に瀕し、政府から総額2兆円もの予防的公的資金注入を受けました。その際に就任した社外取締役は、「サービス業でありながら、なぜ午後3時に閉店してしまうのか?」「カウンターで顧客を立たせ、なぜ行員は座って接客しているのか?」と、銀行の常識は世間の非常識であることを指摘し、改革をしました。
 結果として、同行は立ち直り、注入された総額2兆円は繰り上げ完済をすることが可能となりました。

 自身の常識は他人から見たらどうなのか、常に第3者の客観的目線を持つことが事業展開の要諦と言えるでしょう。

 なお、前述の婦人服店は、50代向けの売り場を充実させるべく、小規模事業者持続化補助金を活用するようです。自店の古い常識と決別し、新たな常識を取り入れる、この取組みが成功することを願ってやみません。

 【婦人服店の参考記事】
 婦人服を扱う店舗で売上を向上させる方法

メルマガ会員様募集中

 メルマガ会員様には、リアル店舗の現場経験20年以上、コンサルティング歴10年以上【通算30年以上のノウハウ】を凝縮した【未公開のコラム】や、当サイトに掲載したコラムの【解説動画URL】を優先的に配信しています。
登録はこちらから
↓↓↓

ロードサイド経営研究所メールマガジン登録フォーム(無料)

電子書籍のご案内

 1年で70人のアルバイトに辞められたガソリンスタンド店長が人材に全く困らなくなった理由:育成編~人材が育つ職場と人材に見放される職場の境界線~
2020年3月15日発行 定価1,055円

タイトルとURLをコピーしました