小規模事業者持続化補助金の採択ポイント:ガールズバーの事例③

小規模事業者持続化補助金

 同店は「ゴージャスな雰囲気を低料金で」というコンセプトに基づくガールズバーです。近隣に競合店がひしめく中、この明確なコンセプトのもと顧客の支持を得ておりました。しかし、そのコンセプトと店舗内装の一部がマッチしておらず、経営者は店内改装の必要性を感じておりました。

 そこで、(1)カウンターチェアの導入、(2)カウンターチェアの処分、(3)トイレ改装、(4)照明の追加を行うこととし、その費用の調達について小規模事業者持続化補助金を活用することとしました。

 同店は、当補助金に応募する際に提出する計画書を作成しましたが、弊社はそれをブラッシュアップする形でご支援しました。結果として同店は当補助金に採択されましたが、どのように計画書をブラッシュアップしたのかをご紹介します。

 下図は応募時に作成しなければならない書類ですが、今回のコラムでは以下の赤枠部分、様式2-1 経営計画書兼補助事業計画書①<経営計画>「3.自社や自社の提供する商品・サービスの強み」を見ていきます。

1.「自社や自社の提供する商品・サービスの強み」の書き方

(1)切り口を明確にする

 「強み」を弊社では「顧客に価値を提供でき、競合より優れている経営資源」と定義しています。よって経営資源の構成要素である、人・物・金・情報の切り口から強みの洗い出しをお勧めしています。

 ただし、今回同店が記載されてきた内容を拝見すると、売上が上がる仕組み、つまりマーケティングについての記述が多く、経営資源の切り口は使いにくい印象を受けました。

 そこで、マーケティングの構成要素である「製品・サービス戦略」「価格戦略」「チャネル戦略」「販売促進戦略」を用いた方がしっくり来ると判断し、以下の見出しを設け、それに応じた内容を記載しました。

  • 製品・サービスに関する強みを説明する見出しとして「特徴的かつ希少なコンセプト」
  • 価格に関する強みを説明する見出しとして「手軽な料金体系」
  • チャネルに関する強みはなし
  • 販売促進に関する強みを説明する見出しとして「高い情報発信力と接客力」

(2)書くべきことを書く

 同店が当欄に予め記載した内容には以下が含まれていました。

 現在、椅子が老朽化しておりコンセプトにマッチしておりません。その他にもメインフロア・トイレなどがコンセプトに合っておらず細かな問題が発生しています。そのため補助事業により、改善していきたいと考えています。

 これは、前述の「特徴的かつ希少なコンセプト」という見出しに続いて記載されていたものであり、強みを書いているうちに補助事業に関する記述を盛り込みたくなってしまった結果です。このような例は非常に多いのですが、補助事業に関することは<補助事業計画>に記載するべきです。

 小規模事業者持続化補助金<一般型>の計画書は全部で8枚にまとめる必要があり、スペースの有効活用という観点、また、話を散乱させず読み手に理解を促す観点から、当欄からは削除していただきました。

(3)箇条書きを活用する

 同店は見出しを設けていたとはいえ、やや長めの文章で自店の強みを記載しておりました。そこで、前述のようにマーケティングの観点に基づく見出しを設けるとともに、それぞれの見出しに応じた内容を箇条書きで記載していただきました。

 これにより、読みやすさが向上しますが、箇条書きの欠点は書面の右側に空白地帯が発生しやすいということです。当事例では、気になるほど空白地帯は発生しませんでしたが、もしそのようになった場合は、強みに関する写真を空白地帯に挿入することで、スペースを有効に利用したり、読み手の理解を深めたりすることが可能になります。

 このようにして「3.自社や自社の提供する商品・サービスの強み」をブラッシュアップしていきましたが、次回のコラムでは「4.経営方針・目標と今後のプラン」について見ていきます。

2.小規模事業者持続化補助金の計画書作成をサポートします

 弊社の1,000件を超える支援実績を通じて蓄積してきたノウハウを活用して、計画書作成のサポートを行い、採択の可能性を高めます。詳しくはこちらから↓↓↓

3.メルマガ会員様募集中

 メルマガ会員様には、リアル店舗の現場経験20年以上、コンサルティング歴10年以上【通算30年以上のノウハウ】を凝縮した【未公開のコラム】や、当サイトに掲載したコラムの【解説動画URL】を優先的に配信しています。登録はこちらから↓↓↓

ロードサイド経営研究所メールマガジン登録フォーム(無料)

4.電子書籍のご案内(2021年3月22日発行)

小規模事業者持続化補助金に応募したくなる本
タイトルとURLをコピーしました