持続化補助金で店舗改装資金を調達した和食店の事例④

小規模事業者持続化補助金

 その和食店は、比較的高級路線で営業しており、接待などで利用する顧客も多い状況でした。このような顧客は、個室を利用する場合が多いのですが、同店の個室は天井から数十センチが吹き抜けとなっています。

 そのため、会話が筒抜けの状態になっており、顧客から完全個室にして欲しいというご要望をいただいておりました。そこで同店は、店舗改装資金を小規模事業者持続化補助金で賄うために応募用の計画書を作成しました。

 弊社は当該補助金における採択可能性を高めるべく、その計画書のブラッシュアップをご支援しました。結果として無事採択されましたが、どのように計画書をブラッシュアップしたのか、複数回にわたってご紹介します。第4回目の今回は、様式2-1<経営計画>の「3.自社や自社の提供する商品・サービスの強み」について見て行きます。

 なお、この事例は新型コロナウイルスの影響が出始める前のものですが、現在では個室の密室性を高めるのであれば、空気清浄機を導入するなど感染対策をとる必要があります。

1.小規模事業者持続化補助金<一般型>応募の全体像

 まずは、全体像を把握します。事業者が単独で小規模事業者持続化補助金に応募する際は、原則として以下の書類を作成し、締め切り日までに送付する必要があります。

  • 様式1-1 小規模事業者持続化補助金事業<一般型>に係る申請書
  • 様式2-1 経営計画書兼補助事業計画書①
  • 様式3-1 補助事業計画書②
  • 様式4 事業支援計画書
  • 様式5 補助金交付申請書

 このうち、様式2-1と様式3-1が採択に大きな影響を及ぼします。

2.様式2-1 経営計画書兼補助事業計画書①の全体像

 今回は、様式2-1 経営計画書兼補助事業計画書①を見て行きますが、その構成は以下となっています。

  • <応募者の概要>
  • <経営計画>
  • <補助事業計画>Ⅰ.補助事業の内容

3.<経営計画>の内容の全体像

 今回は<経営計画>を見て行きますが、その構成は以下となっています。

  1. 企業概要
  2. 顧客ニーズと市場の動向
  3. 自社や自社の提供する商品・サービスの強み
  4. 経営方針・目標と今後のプラン

 今回のコラムでは、3.自社や自社の提供する商品・サービスの強みを見ていきますが、ここまでをまとめると、今回のコラムでは下図の赤枠で囲んだ部分を見て行くことになります。

4.「3.自社や自社の提供する商品・サービスの強み」の書き方

(1)見出しを設ける

 同店が当欄に設けた見出しは以下となっていました。

 【自社の強み】

  • 人的資源の強み
  • 物的資源の強み
  • 財務的資源の強み
  • 情報的資源の強み

 【自社の提供する商品・サービスの強み】

 この見出しの設け方は理にかなっている印象です。まず当欄のタイトルは「自社や自社の提供する商品・サービスの強み」ですから、【自社の強み】と【自社の提供する商品・サービスの強み】に切り分けて書くことは、話が混同するリスクを低下させます。

 さらに強みとは「顧客に価値を提供できる、差別的優位性のある経営資源」と定義できますので、経営資源の要素である「人」「物」「金」「情報」に切り分けることはまとまりが良くなるでしょう。

(2)因果関係を検討する

 同店が予め記載されてきた内容に「人的資源の強み」として以下の記述がありました。

 当店代表は、○○年にお一人様一泊10万円の宿「●●」の料理長に就任した経歴がある。

 料理長に就任したことだけでは強みとは言い難く、就任した経歴により、どのような価値を顧客に提供できるのかを記載することで「強み」となり得ます。例えば、そのような高級な宿の料理長に就任したことにより、高級食材を用いた料理を提供するノウハウがあるのであれば、これは強みとなり得ます。

 つまり、料理長就任は強みの要因であり、高級食材を用いた料理を提供するノウハウがあることが強みということになります。

 同様に「物的資源の強み」として以下の記述がありました。

 当店は「ホテル△△」1階に店を構え、ホテルとは独立したオーナー形態の料理店である。

 これも、オーナー形態の料理店であることにより、どのような価値を顧客に提供できるのかを記載することで「強み」となり得ます。例えば、ホテルとは独立したオーナー形態の料理店であることにより、柔軟な営業時間設定が可能であるのであれば、これは強みとなり得ます。

 つまり、オーナー形態の料理店であることは強みの要因であり、柔軟な営業時間設定が可能であることが強みということになります。

 このようにして、「3.自社や自社の提供する商品・サービスの強み」の部分を記載していただきましたが、次回のコラムでは「4.経営方針・目標と今後のプラン」を見て行きます。

5.小規模事業者持続化補助金の申請書類作成をサポートします

6.メルマガ会員様募集中

 メルマガ会員様には、リアル店舗の現場経験20年以上、コンサルティング歴10年以上【通算30年以上のノウハウ】を凝縮した【未公開のコラム】や、当サイトに掲載したコラムの【解説動画URL】を優先的に配信しています。登録はこちらから↓↓↓

ロードサイド経営研究所メールマガジン登録フォーム(無料)

7.電子書籍のご案内(2020年7月8日発行 定価1,072円)

タイトルとURLをコピーしました