「モノ」を提供する店舗と「コト」を提供する店舗の違い

 飲食店は、当然のことながら飲食物を提供するから飲食店なわけです。ただし、繁盛する飲食店は、飲食物という「モノ」だけでなく、飲食物を通じた「コト」を提供するという共通点があります。
 そしてその「コト」は当店でなければできない「コト」であるほど集客力が高まります。

「コト」を提供するラーメン店

 例えば、ラーメン店は、醤油ベース、とんこつ、替え玉無料、1杯390円など、様々な内容をウリに事業展開をしていますが、これらはあくまでもラーメンという「モノ」にフォーカスしたものです。

 かつて弊社がご支援していたラーメン店は、とんこつラーメンという「モノ」を提供していました。そこで、当店でなければできない「コト」をどのように提供していくかを検討しました。

 お話しを伺っていくと、その経営者は、過去に学習塾勤務の経験があることが分かりました。そこで、「学習塾出身の店長が提供する合格ラーメン」を開発し、メニュー化することとしました。

 その店舗の近隣にラーメン店は数多くありますが、学習塾出身の店長が切り盛りしている店はないと考えられ、当店は、ラーメンを食べて験を担ぐという「コト」を提供することとしたわけです。

「コト」を提供する居酒屋

 例えば、居酒屋でも、洋風居酒屋、焼き鳥居酒屋、焼き肉居酒屋、など様々な内容をウリに事業展開をしていますが、これらもやはり「飲食物」という「モノ」にフォーカスしています。

 昨日、同業の方々と訪れた居酒屋は「青森をPRする」という「コト」を提供していました。

 スタッフは全員青森県出身、メニューは青森の郷土料理に現地の地酒、内装には今は無き地元百貨店の包装紙を使い、店内のテレビでは青森ねぶた祭りの放映、各テーブルやカウンター席にはテーブル番号ではなく「青森」「弘前」「八戸」などの地名が振られています。これはさすがに青森出身の人でなければできません。

 なお、この店舗は、ゴールデンウイークまっただ中の都心において、若い女性で賑わっていたことを申し添えておきます。

 このような、自店だからこそ提供できる「コト」を検討し、繁盛店になるきっかけを掴んでいきましょう。

メルマガ会員様募集中

 メルマガ会員様には、リアル店舗の現場経験20年以上、コンサルティング歴10年以上【通算30年以上のノウハウ】を凝縮した【未公開のコラム】や、当サイトに掲載したコラムの【解説動画URL】を優先的に配信しています。
登録はこちらから
↓↓↓

ロードサイド経営研究所メールマガジン登録フォーム(無料)

電子書籍のご案内

 1年で70人のアルバイトに辞められたガソリンスタンド店長が人材に全く困らなくなった理由:育成編~人材が育つ職場と人材に見放される職場の境界線~
2020年3月15日発行 定価1,055円

タイトルとURLをコピーしました