ガソリンスタンドが人手不足対策にTwitterを活用するべき3つの理由

人材確保

 人手不足に苦しむ職場は人が辞めないようにする、つまり定着率を高める必要があります。その上で人材を募集しなければ、入れても辞められるだけです。

 今回のコラムは、その先、つまり人材の募集をいかに促進させるかというテーマを取り上げます。

 私がガソリンスタンド運営会社に勤務し、現場で店長をしていた頃、新規スタッフの応募が少なく、苦労したことがありました。その頃の募集媒体としてよく使っていたのは、新聞折込みチラシでしたが、もし当時、Twitterがあったなら、絶対にそれを使って求人をしていたと思います。

 Twitterは、Facebook、Instagram、YouTube、LINEとあわせて5大SNSと言われますが、これらの中でガソリンスタンドが人手不足対策として、なぜTwitterを使うべきなのかを見ていきます。

ガソリンスタンドが人手不足対策にTwitterを活用するべき理由1:若年層がターゲットであるため

 中小企業庁が運営する企業支援サイト「ミラサポ」によると、Twitterの主な利用者層の平均年齢は35歳(2018年10月時点)で10~20代が約半数となっています。ガソリンスタンドの業務は、肉体労働的な側面もありますので、若年労働力が欲しいところですが、Twitterによる求人は、そのような層に広く認知していただくことが可能です。

ガソリンスタンドが人手不足対策にTwitterを活用するべき理由2:発信力が強いため

 前述の5大SNSのうち、Twitterは拡散力が一番強く、検索利用はInstagramと並んで非常に多いとされています。また、様々なトピックやニュースがリアルタイムにタイムライン上に流れてくるため、ニュースメディアに近い機能を持っています。つまり、発信力が強いということです。それも無償で利用することができます。

ガソリンスタンドが人手不足対策にTwitterを活用するべき理由3:読みやすいため

 Twitterは1記事140文字という制限があります。これは、ダラダラとした文章は書けないため、読みやすさを感じさせます。ただし、ポイントは押える必要があります。単に募集していることや時給のみを呟くのは、次々と流れてくる他の呟きにかき消されてしまい、目に留めてもらうことが困難になります。

 そこでインパクトのあるキャッチコピーを盛り込む必要がありますが、その方法は以下のコラムを参考にして下さい。
 応募者が集まる求人メッセージを作る6つのステップ
 求人の応募者を増やす5つの方法を合体させてみた

 また「#アルバイト募集」「#ガソリンスタンド求人」などハッシュタグに募集関連のキーワードを付けることもポイントです。

 今回のコラムでは、ガソリンスタンドが人手不足対策にTwitterを活用するべき理由として、1.若年層がターゲットであるため、2.発信力が強いため、3.読みやすいため、を挙げました。ぜひTwitterを活用して人材を集めていただきたいと思います。

メルマガ会員様募集中

 メルマガ会員様には、リアル店舗の現場経験20年以上、コンサルティング歴10年以上【通算30年以上のノウハウ】を凝縮した【未公開のコラム】や、当サイトに掲載したコラムの【解説動画URL】を優先的に配信しています。
登録はこちらから
↓↓↓

ロードサイド経営研究所メールマガジン登録フォーム(無料)

電子書籍のご案内

 1年で70人のアルバイトに辞められたガソリンスタンド店長が人材に全く困らなくなった理由:育成編~人材が育つ職場と人材に見放される職場の境界線~
2020年3月15日発行 定価1,055円

タイトルとURLをコピーしました