目標未達が続く店舗の中長期的な売上確保策

モチベーションを維持したい

 ある日、私の元にAさんという女性から連絡が来ました。当時、私はガソリンスタンドに勤務しながら、6年間の受験勉強の末、中小企業診断士に合格し、経営コンサルタントとして活動を始めて間もない頃でした。

 私は、長い受験生活を経て、中小企業診断士受験生向けに毎日ブログを書いていましたが、彼女は、そのブログを見て連絡しようと思い立ったとのこと。

 聞くと、彼女は地方在住で、これから中小企業診断士の受験勉強を独学で行おうと思っているが、モチベーションの維持が心配なのだそうで、私がなぜ6年間もモチベーション高く受験勉強に励むことができたのかを知りたい、ということでした。

目標達成の日に関するやり取り

 そこで私は、彼女と以下のやり取りをしました。

 私「Aさんは、いつ合格しますか?」
 Aさん「来年の12月に合格します」

 私「来年の12月の合格発表日、Aさんはどうやってご自身が合格したことを確認しますか?」
 Aさん「インターネットで確認します」

 私「どこで合格を確認しますか?」
 Aさん「自宅のリビングにあるパソコンで確認します」

 私「何時に合格を確認しますか?」
 Aさん「10:00に確認します」

 私「その日、リビングはどんな匂いがしていますか?」
 Aさん「特に匂いはないと思います」

 私「その日、Aさんはどんな服装をしていますか?」
 Aさん「せっかくの合格発表ですから、紅白を意識して、白のブラウスに赤のスカートです」

目標達成の瞬間に関するやり取り

 私「さて、来年の12月、合格発表日当日の10:00になりました。白のブラウスに赤のスカートを身につけたAさんは、合否を確認するためにリビングのパソコンを立ち上げました。合格発表のサイトを開き、ご自身の受験番号が掲載されているか探します。すると、Aさんの受験番号がありました。Aさんは合格していたのです。どんな声が出ますか?」
 Aさん「あっ!という声が出ると思います」

 私「鳥肌は立ちますか?」
 Aさん「はい、立つと思います」

 私「涙は出ますか?」
 Aさん「はい、出ると思います」

 私「その涙は何で拭いますか」
 Aさん「記念の涙なので、プレミアムなティッシュで拭います」

 私「そのティッシュは、現在、お手元にありますか?」
 Aさん「いえ、手元にないので、後で買ってきます」

 私「いつ買いますか?」
 Aさん「今日の午前中に買ってきます」

 私「そのティッシュの封を切るのはいつですか?」
 Aさん「合格した瞬間です。それまでは自宅の勉強机に開封せずに置いておきます」

目標達成の瞬間を味わうことの意味

 Aさんは、私とのやり取りを通じて、目標を達成した状況を具体的に描きました。そして目標達成の瞬間を味わいました。これにより、その瞬間を実際に味わいたくなり、その瞬間を目指してモチベーション高く進むことができます。
 また、モチベーションが下がりそうなときは、合格時に使う予定の「プレミアムなティッシュ」を見てご自身を奮い立たせることができました。

 そして、翌年の12月にAさんは合格していました。

 ロードサイド店舗の経営者・店長そしてスタッフは、売上や利益、販売数量といった目標達成のために日々、業務にいそしんでいます。
 低い目標を易々と達成できてしまうのは、達成時のイメージが湧いているからです。高い目標がなかなか達成できないのは、達成時のイメージが湧いていないからです。目標達成のために、達成した瞬間を今のうちからしっかり味わってみませんか?

メルマガ会員様募集中

 メルマガ会員様には、リアル店舗の現場経験20年以上、コンサルティング歴10年以上【通算30年以上のノウハウ】を凝縮した【未公開のコラム】や、当サイトに掲載したコラムの【解説動画URL】を優先的に配信しています。
登録はこちらから
↓↓↓

ロードサイド経営研究所メールマガジン登録フォーム(無料)

電子書籍のご案内

 1年で70人のアルバイトに辞められたガソリンスタンド店長が人材に全く困らなくなった理由:育成編~人材が育つ職場と人材に見放される職場の境界線~
2020年3月15日発行 定価1,055円

タイトルとURLをコピーしました