小規模事業者持続化補助金で店舗改装を行った鮮魚店の事例⑤

小規模事業者持続化補助金

 同店は、地方都市に立地し、親子2代にわたって経営を継続してきた鮮魚店です。これまで近隣の大型スーパーと差別化を図りながら事業展開を行ってきましたが、より顧客満足度を高めるために店舗改装を行うことにしました。そこで、その費用の一部を小規模事業者持続化補助金で調達するために計画書を作成し、応募した同店は当補助金に採択されました。

 今回のコラムは、同店が作成した持続化補助金応募用の計画書を題材に、どのように計画書を記載すれば採択に近づけるのか、そのポイントを見て行くシリーズの5回目です。

 以下は、小規模事業者持続化補助金<一般型>に応募する際に作成する資料ですが、今回のコラムでは、その赤枠部分、様式2-1経営計画書兼補助事業計画書① <補助事業計画>Ⅰ.補助事業の内容 「2.販路開拓等(生産性向上)の取組内容」について見ていきます。

 なお「1.補助事業で行う事業名」の書き方に関しては、持続化補助金の採択を目指す計画書の書き方(2021年版)⑨を参考にして下さい。また、当コラムの内容は<低感染リスク型ビジネス枠>にも応用できますので、そちらに応募を予定されている方もご参考にして下さい。

1.「販路開拓等(生産性向上)の取組内容」の書き方

 自分の子どもが金銭を要求してきたら、お金をムダにしないために何に使うのか、なぜ使うのかなど色々質問し、明らかにしていくはずです。その上で、妥当な使い方だと判断した場合に、親として子どもにお金をあげるはずです。

 これと同じで「販路開拓等(生産性向上)の取組内容」は補助金の使い道、使い方が妥当かどうかを説明する欄ですので、まずは読み手にそれらを端的に分かりやすく示す必要があります。

(1)ムダなことは書かない

 その補助事業を行おうと考えた背景は様々あると思いますが、それを当欄に長々と記載するケースが散見されます。そのような内容は<経営計画>で説明し、当欄に記載するのはあくまでも補助金を何にどう使うのかという内容にまとめることが伝わりやすさが高まるでしょう。

 そのようにしないと、同じ話が繰り返されたり、補助金の使い道がよく分からなくなったりと冗長性が高まり、読み手の理解が阻害され、採択が遠のくリスクが発生してしまうでしょう。

 同店は、店舗改装の他に広告宣伝も補助事業に含めましたが、あくまでも何にどう使うのかという話に絞って記載しました。

(2)補助事業を切り分ける

 前述の通り、同店の補助事業は店舗改装と広告宣伝なので、まずは店舗改装に関する説明、そして広告宣伝に関する説明と補助事業をひとつひとつ切り分けて記載しました。これらをまとめて記載するケースが散見されますが、それは冗長性を高める結果を招きがちです。さらに、広告宣伝は地域誌とSNSを用いますが、これらもひとつひとつ切り分けて記載しました。

(3)ビフォーアフターをビジュアルに訴求する

 店舗改装の説明においては、現在の店舗レイアウトを図にして示し、そのどこが問題なのかを写真も盛り込んで説明を記載しました。そして、補助事業でどこをどのように改装して、結果としてどうなるのかを図にして説明をしました。

 店舗改装や店頭看板設置などは、ビフォーアフターを訴求することが効果的です。その際に文章だけではなく、図を用いてビジュアルに訴求することは、読み手の理解が進みやすくなります。

 このように、同店は<補助事業計画>Ⅰ.補助事業の内容「2.販路開拓等(生産性向上)の取組内容」の記載に当たって(1)ムダなことは書かない、(2)補助事業を切り分ける、(3)ビフォーアフターをビジュアルに訴求する、といったポイントを踏まえました。次回のコラムでは「4.補助事業の効果」について見て行きます。

2.小規模事業者持続化補助金の計画書作成をサポートします

 弊社の1,000件を超える支援実績を通じて蓄積してきたノウハウを活用して、計画書作成のサポートを行い、採択の可能性を高めます。詳しくはこちらから↓↓↓

3.メルマガ会員様募集中

 メルマガ会員様には、リアル店舗の現場経験20年以上、コンサルティング歴10年以上【通算30年以上のノウハウ】を凝縮した【未公開のコラム】や、当サイトに掲載したコラムの【解説動画URL】を優先的に配信しています。登録はこちらから↓↓↓

ロードサイド経営研究所メールマガジン登録フォーム(無料)

4.電子書籍のご案内(2021年3月22日発行)

小規模事業者持続化補助金に応募したくなる本
タイトルとURLをコピーしました