小規模事業者持続化補助金【一般型】に採択された理容店の事例①

小規模事業者持続化補助金

 同店は、店主とその妻、長男で運営する理容店です。3年前に持続化補助金に採択されましたが、さらなる販路開拓を行うべく、設備の入れ替えを行うことにしました。そして、この費用の一部を再度当補助金で調達するために計画書を作成し、無事採択されました。

 当コラムでは、同店が作成した計画書の内容から、採択された理由を検証し、採択の可能性を高める計画書の書き方を述べていきます。以下は、当補助金に応募する際に原則として作成しなければならない書類の一覧ですが、今回は赤枠部分「様式2-1 経営計画書兼補助事業計画書①」<応募者の概要>を見ていきます。なお、当コラムの内容は2021年11月1日時点の情報に基づいています。

1.採択されたことのある事業者が再度採択されるための留意点

 補助金は公的資金ですから、交付する側としては、広く多くの方に利用して欲しいという意図があります。よって、過去に採択された事業者が実施しようとしている今回の補助事業が前回の内容と同じであった場合、原則として採択はされないはずです。それは、前回と明確に異なる事業であれば採択の可能性はあるということでもあります。

 よって、下図<応募者の概要>の(1)~(4)に該当する事業者は、赤枠部分に説明を述べる必要がありますが、その内容が前回と明らかに異なっている点を示す必要があります。では、同店は当欄をどのように書いたのか、そのポイントを見ていきます。

(1)前回の補助事業での販路開拓先、販路開拓方法、成果を記載する

 当計画書フォーマットには上図にあるように、以下の但し書きがあります。

それぞれ該当する回の補助事業での販路開拓先、販路開拓方法、成果を記載した上で、今回の補助事業との違いを記載してください。

 前回と今回で補助事業の内容は異なっていなければ採択の可能性は低いわけですが、この但し書きからは、異なっているべき部分は「販路開拓先」「販路開拓方法」「成果」であることが求められていると解釈できます。

 よって、同店はまず以下のように前回の補助事業での販路開拓先、販路開拓方法、成果を記載しました。

  • 販路開拓先:高齢者、障害者
  • 販路開拓方法:車椅子が出入りしやすい店舗ドアの改修、滑りにくい床素材への交換、手すりの設置
  • 成果:年間売上高5%増

 このように、求められている前回実施した補助事業の内容を記載したことが採択を引き寄せた要因のひとつと考えられます。

(2)今回の補助事業での販路開拓先、販路開拓方法、見込んでいる成果を記載する

 次に同店が記載したのは、今回の補助事業での販路開拓先、販路開拓方法でしたが、その内容は概ね以下のようになっていました。

  • 販路開拓先:20~40代の男女
  • 販路開拓方法:ヘアーマニキュアが楽に出来るバックシャンプー用の洗面台の設置

 これらを記載したことにより、前回と今回では販路開拓先と販路開拓方法が異なることが分かります。惜しむらくは成果を記載していないことです。今回の補助事業はまだ実施していないわけですから結果としての成果は分かりませんが、見込んでいる成果は記載できるはずです。なぜなら<補助事業計画>「4.補助事業の効果」でそれを書いているからです。

(3)前回と今回の補助事業における違いを記載する

 前回と今回の補助事業内容としてどのようなことを記載したかを見てきましたが、同店はダメ押しとして、何が異なるのかを記載していました。つまり「販路開拓先と販路開拓方が異なる」と記載したということです。これにより、前回と今回の違いが明確になり、前回採択されたことが不利になる可能性は小さくなったと考えられます。

 今回のコラムでは、小規模事業者持続化補助金【一般型】に採択された理容店の「様式2-1 経営計画書兼補助事業計画書①」<応募者の概要>から採択の可能性を向上させるポイントとして、 (1) 前回の補助事業での販路開拓先、販路開拓方法、成果を記載する、(2) 今回の補助事業での販路開拓先、販路開拓方法、見込んでいる成果を記載する、(3) 前回と今回の補助事業における違いを記載する、を挙げました。

 次回のコラムでは今回に引き続き、「様式2-1 経営計画書兼補助事業計画書①」<経営計画>「2.顧客ニーズと市場の動向」を見ていきます。

2.小規模事業者持続化補助金の計画書作成をサポートします

 1,000件を超える支援実績を通じて蓄積してきたノウハウを活用して、計画書作成のサポートを行い、採択の可能性を高めます。詳しくはこちらから↓↓↓

3.メルマガ会員様募集中

 メルマガ会員様には、リアル店舗の現場経験20年以上、コンサルティング歴10年以上【通算30年以上のノウハウ】を凝縮した【未公開のコラム】を優先的に配信しています。

メルマガ登録はこちらから↓↓↓

ロードサイド経営研究所メールマガジン登録フォーム(無料)

4.電子書籍のご案内(2021年3月22日発行)

小規模事業者持続化補助金に応募したくなる本
タイトルとURLをコピーしました