理容店・美容室がおさえたい3つの顧客ニーズ

リピーターの確保

 何度かこのコラムに記載していますが、私は月1ペースで散髪をしており、その際に利用する店舗を毎回変えていました。これは、様々な店舗のサービスを体験することにより、戦略ご提案時の引き出しを増やしたいという考えから始めたものです。

 ですが、昨今はAという理容店かBという美容室のどちらかを利用するケースが増えてきています。これは、これまで数十という理容店、美容室を利用してきた中で、繰り返し利用したいと思わせた店舗だということです。

 その理由は、これらの店舗は私が抱くいくつかのニーズを高いレベルで満たしてくれるためであり、それらのニーズは多くの顧客が抱いているものではないかと思います。

 そこで、今回のコラムでは、理容店・美容室に抱く顧客のニーズを見ていきたいと思います。

理容店・美容室がおさえたい顧客のニーズ1:提案してほしい

 「今日はどうしますか」理容店・美容室に来店し、施術の席(セット面)に座るとこのように聞かれますが、私は「どうしたら良いと思いますか?全くノープランなんです」と返します。

 この質問を受けた店舗スタッフがどう応えるかは、店舗の信頼性を高める大きなポイントです。つまり提案力があるかないか、あるならどの程度のものなのかが分かるからです。

 前述のA、B両店では、私の髪が生えている向きを説明し、どのような髪型にすればセットがしやすくなるか、また顔の形も踏まえて似合う髪型を提案してくれました。プロである店舗スタッフより知識が豊富な顧客は少ないはずで、豊富な知識や経験に基づく提案を多くの顧客は待っているはずです。

 ただし、良い提案を受け、似合う髪型になったとしても、それを毎日キープ出来なければ意味がありません。そこで次のようなニーズも持つはずです。

理容店・美容室に抱く顧客のニーズ2:教えてほしい

 理容店・美容室ではスタッフが髪型をうまくセットしてくれますが、翌朝に自分でセットしようとしてもなかなか上手くいかないものです。それはやはり、プロの持つ技術と私たち素人のそれは比較にならないからです。

 前述のA、B両店では、スタッフが髪型をセットする際に、どのような店に気をつければ上手くセットできるのかを丁寧に教えてくれました。すると、その際にスタッフが私に使った整髪料も欲しくなるものです。

 ただし、それら整髪料は数百円で買えるものは決して多くないことから、次のニーズを持つはずです。

理容店・美容室に抱く顧客のニーズ3:キャッシュレスで決済したい

 手持ちの現金がなかったり、あっても減らしたくなかったりする場合に、キャッシュレス決済が出来るとその場で購入する可能性が高まります。

 これにより、店舗側としては整髪料が販売できれば客単価は向上しますし、顧客側としては給料日前でも散髪や整髪料の購入が可能となります。

 さらには、ご存じの通り、今月から消費税率が引上げとなり、クレジットカード、交通系電子マネー、スマホ決済などキャッシュレスで決済した場合にはポイントが還元されることから、このニーズは今後も高まっていくのではないでしょうか。

 今回のコラムでは、理容店・美容室がおさえたい顧客ニーズとして、1.提案してほしい、2.教えてほしい、3.キャッシュレスで決済したい、を挙げました。このようなニーズをおさえた上で、ホームページやチラシで集客することにより、再来店に繋がり、客数が増加することとなります。

メルマガ会員様募集中

 メルマガ会員様には、リアル店舗の現場経験20年以上、コンサルティング歴10年以上【通算30年以上のノウハウ】を凝縮した【未公開のコラム】や、当サイトに掲載したコラムの【解説動画URL】を優先的に配信しています。
登録はこちらから
↓↓↓

ロードサイド経営研究所メールマガジン登録フォーム(無料)

電子書籍のご案内

 1年で70人のアルバイトに辞められたガソリンスタンド店長が人材に全く困らなくなった理由:育成編~人材が育つ職場と人材に見放される職場の境界線~
2020年3月15日発行 定価1,055円

タイトルとURLをコピーしました