意識が低い!出産後にパートとして仕事復帰した女性社員への対応

経営の姿勢

 意識は目に見えませんし、定量的に高低の判断もできません。そこで人は、ある人の行動を見て、その人の意識が高い低いと言います。
 また、他人の行動は変えることは困難ですが、自分の行動を変えることは比較的容易です。「スタッフの意識が低い」と感じたら、これらを踏まえた取り組みが必要と考えます。

 今回のコラムでは、意識が低下したと思われるスタッフにどう対応するべきか、という点を見ていきます。

ある美容室経営者の悩み

 ロードサイド店舗は、駐車場付きの路面店を指しますので、その業種・業態は多岐にわたります。美容室もテナントではなく路面店であれば、ロードサイド店舗に該当するわけですが、あるロードサイドの美容室を経営する方が持つ以下の悩みに触れる機会がありました。

 そこで働くある女性スタッフは、独身時代、仕事に打ち込むタイプで、店舗全体の売上向上に関する意見も経営者に述べたりしていました。そして、彼女が結婚・出産をし、出産休暇を経て、パートタイマーとして職場に復帰することとなりました。

 家族がいて、守るべき子どもができた彼女は、仕事一筋とはいかなくなりました。経営者からすると、独身時代のようにフルタイムでバリバリ働くことはできなくとも、店舗全体の売上向上に関する意見などは出してほしい。しかし、そのような意見すら出なくなってしまった。
 この経営者の悩みは、このような女性スタッフの意識の低下をどうにかできないものか、というものです。

 ここで、変えるべきことは、そのスタッフの意識ではなく、経営者自身が投げかける質問、つまり自身の行動と考えます。

他人の意識ではなく自身の行動を変える

 当然のことながら、意識が低い人は、意識の低い行動をとり、意識が高い人は、意識の高い行動をとります。スタッフの意識が低いと嘆く経営者は、スタッフの意識を高めようとします。ですが、意識が高くなっても行動が変わらなかったら意味がありません。よって、行動が意識の高いものになれば良いわけです。
 
 前述の経営者は、店舗全体の売上向上に関する意見などは出してほしいと言っています。よって、意識が低いと嘆くのではなく、どうしたら、そのような意見が出しやすくなるかを考えなければいけません。

 そこで、この経営者がその女性スタッフに投げかけるべき質問は「あなたが店舗全体の売上向上に関する意見を出すために、私ができることは何ですか」というものになります。

 これによって、女性スタッフは「経営者は店舗全体の売上向上に関する意見が欲しいと思っている」ということが分かるとともに、質問の答えを考えます。経営者は、彼女の答えやその答えに至るまでの姿勢・態度などから、彼女の意見を引き出すために自分がとるべき行動やそのヒントが分かります。

 出産・子育てという環境変化により、意識が変わることは当然です。その変化に経営者として対応しなければなりません。今もそうですが、これからも労働力として女性は無視できない存在になっていきます。今回のコラムのような事例も多数出てくることと思われますが、他人の意識ではなく、自身の行動にフォーカスして職場を活性化していってほしいと切に願っています。

人材育成に関するコラム

 ■売上が厳しい店舗の店長はなぜ部下の話を傾聴できないのか
 ■動かない年上の部下のモチベーションを上げるには
 ■油外販売の上手い人を活用できるガソリンスタンドの店長とは

メルマガ会員様募集中

 メルマガ会員様には、リアル店舗の現場経験20年以上、コンサルティング歴10年以上【通算30年以上のノウハウ】を凝縮した【未公開のコラム】や、当サイトに掲載したコラムの【解説動画URL】を優先的に配信しています。
登録はこちらから
↓↓↓

ロードサイド経営研究所メールマガジン登録フォーム(無料)

電子書籍のご案内

 1年で70人のアルバイトに辞められたガソリンスタンド店長が人材に全く困らなくなった理由:育成編~人材が育つ職場と人材に見放される職場の境界線~
2020年3月15日発行 定価1,055円

タイトルとURLをコピーしました