売れるアパレル販売員3つの特徴

小規模事業者持続化補助金

 新型コロナウイルスの影響でアパレル業界は深刻な打撃を受けています。そんな中「これは売れるだろう」というアパレル販売員の対応に接する機会がありました。今回のコラムでは、その事例をご紹介しながら、売れるアパレル販売員3つの特徴を見ていきたいと思います。

1.売れるアパレル販売員3つの特徴

(1)情報共有をしている

 先日、何度か足を運んだことのあるアパレルショップでスーツを購入しました。後日、ワイシャツが必要となり、やはり同店にうかがったところ、店舗スタッフが私のことを覚えており、先日購入したスーツのことを色々尋ねてきました。

 特筆するべきは、この色々尋ねてきたスタッフは、前回接客に当たったスタッフではないということです。前回接客したスタッフが、自分のことを覚えていてくれるだけでも好感度は上がりますが、顧客の購買履歴を店内で情報共有した上で、接客に当たっていないスタッフがその情報をもとにした接客をするのは、さらに好感度が上がります。

 そして、その接客にはさらなる好感度向上の秘訣が隠されていました。

(2)顧客を名前で呼ぶ

 そのスタッフは頻繁に私の名前を発言に盛り込みます。前回、クレジットカードで購入した際に、伝票にサインをしたことから名前を把握したのだと思います。

 心理学者のコリン・チェリー氏が実証実験のもとに提唱したカクテルパーティ効果というものがあります。これは、騒々しいパーティ会場のなかでも、自分の興味がある会話や、自分の名前などは、聞き取りやすいというものです。自分に都合のよい発言だけが伝達されやすいということなのですが、なかでも自分の名前には意識が鋭く反応していることを立証した実験でもあります。

 人間は名前を呼ばれると自分に関心が寄せられ、認められた気がして好感度が上がるものです。私に接客したスタッフは、この効果を存分に発揮していました。

 そして、この店舗スタッフはダメ押しをするのです。

(3)ひと手間かける

 その日の私は、購入したワイシャツを持ってそのまま出張先へ向かい、翌日にそのワイシャツを着用する必要がありました。そこで畳みじわを取っていただくべく、アイロンがけをお願いしたところ、快く応じていただきました。ただし、多少時間はかかるようです。

 仕事が立て込んでいた私は、アイロンをかけていただく時間を利用して、近隣の喫茶店でパソコン作業をしていたい旨をお伝えしたところ、その喫茶店にアイロンをかけたワイシャツを届けてくれるというお申し出を受けました。

 おかげで私は仕事も進み、アイロンのかかったワイシャツを持って、出張先に移動することもできたわけですが、出張先のホテルで包装を解かれたワイシャツの写真が以下となります。

 包装されたワイシャツには「お疲れ様です。今日もがんばって下さい!!」というメモ書きが添えられていました。単に包装するだけでなく、このようなひと手間をかけた気遣いがあると、やはり好感度は向上します。

 今回のコラムでは、売れるアパレル販売員3つの特徴として、(1)情報共有をしている、(2)顧客を名前で呼ぶ、(3)ひと手間かける、を挙げました。アパレルショップでなくても活用できる方法ですので、販売に携わる方には、是非活用していただきたいと思います。

2.小規模事業者持続化補助金の申請書類作成をサポートします

 アパレルショップを含め、店舗ビジネスを展開する事業者にとって小規模事業者持続化補助金は使いやすい補助金です。弊社では、この申請書類作成のサポートを行っています。詳しくはこちらから↓↓↓

3.メルマガ会員様募集中

 メルマガ会員様には、リアル店舗の現場経験20年以上、コンサルティング歴10年以上【通算30年以上のノウハウ】を凝縮した【未公開のコラム】や、当サイトに掲載したコラムの【解説動画URL】を優先的に配信しています。登録はこちらから↓↓↓

ロードサイド経営研究所メールマガジン登録フォーム(無料)

4.電子書籍のご案内(2020年7月8日発行 定価1,072円)

人口2万人に満たない街で黒字経営を続ける洋食店5つの秘訣
タイトルとURLをコピーしました