儲かる人気の洋菓子店が行うチョコレートの打ち出し方とは

東京都文京区白山地区とは

 東京都文京区に白山という地域があります。東京ドームにほど近く、かつて大正から昭和初期には花街として栄えた地域です。現在でも、地域の小路には石畳が敷かれ、この地区における歴史の深さを醸し出しています。

 今夏にご縁があり、弊社は、この地で親子2代にわたって営業をしている洋菓子店のご支援をしています。
 ル・ボン・ヴィヴァン(事業者様のご承諾を得て今回のコラムを書いています)

当店は何故その商品を提供しているのか

 この洋菓子店の看板メニューのひとつに生チョコレートを石畳風に加工した「白山の石畳」という商品があります。店内で製造し、販売しているこの商品ですが、その売上をさらに伸ばしたいということで、新聞折込でチラシを配布し、「白山の石畳」を訴求することとしました。

 なお、この取組みも盛り込んだ事業計画を作成し、小規模事業者持続化補助金に応募したところ、めでたく採択されました。
 【参考コラム】
 小規模事業者持続化補助金に採択されるには①
 小規模事業者持続化補助金に採択されるには②
 小規模事業者持続化補助金に採択されるには③
 小規模事業者持続化補助金に採択されるには④
 小規模事業者持続化補助金に採択されるには⑤
 小規模事業者持続化補助金に採択されるには⑥
 小規模事業者持続化補助金に採択されるには⑦
 小規模事業者持続化補助金に採択されるには⑧
 小規模事業者持続化補助金に採択されるには⑨

 さて、チラシを新聞折込で配布することは決まりましたが、どのようなチラシが望ましいのかという、内容の打合せをした際に、弊社は「何故、この商品を当店が提供しているのか」という理由を訴求することを提案しました。

 石畳をモチーフとした生チョコレートは、競合する洋菓子店も提供することが可能です。ですが、当店はなぜそれを提供するのか、当店だからこそ提供できる理由を訴求することにより、仮に競合他社が石畳風の生チョコレートを提供してきたとしても、明確な差別的優位性があることから、大きな影響は受けにくくなります。また、このことは、顧客が当店で購入する理由にもなり得ます。

具体的な提供理由

 これを受け、同店の主要スタッフが作成したメッセージが以下となります。

 親子2代にわたって、この地で産まれ、この地で育ち、白山の石畳と長い期間に渡り、関わってきたからこそ、想いのこもった「白山の石畳」が提供できる、ということを訴求することとしました。

 儲かる人気の洋菓子店が行うチョコレートの打ち出し方とは、当店がその商品を提供する理由を示すことであり、それにより、商品にストーリー性を与え、競合との差別的優位性の確立や顧客の購買意欲の喚起が可能となります。

「提供する理由」に関する参考コラム

 なぜ「当店の商品を購入する理由」が経営にとって重要なのか
 人気の洋菓子店がさらに売上を上げる効果的な宣伝広告とは

メルマガ会員様募集中

 メルマガ会員様には、リアル店舗の現場経験20年以上、コンサルティング歴10年以上【通算30年以上のノウハウ】を凝縮した【未公開のコラム】や、当サイトに掲載したコラムの【解説動画URL】を優先的に配信しています。
登録はこちらから
↓↓↓

ロードサイド経営研究所メールマガジン登録フォーム(無料)

電子書籍のご案内

 1年で70人のアルバイトに辞められたガソリンスタンド店長が人材に全く困らなくなった理由:育成編~人材が育つ職場と人材に見放される職場の境界線~
2020年3月15日発行 定価1,055円

タイトルとURLをコピーしました