人気があり集客力の高い美容院・美容室を経営するためには

経営の姿勢

競合に顧客が流出した美容院

 中身は同じでも、人によって呼び方が異なる業種に美容院・美容室があります。今回は、相談者様が「美容院」と表現していたので、その表現で通します。

 都内23区内に立地し、経営者含め4名で運営するその美容院は、スタッフ全員が美容師免許を取得していますが、最近、近隣に多くの美容院が進出してきており、客数が減少してしまいました。そこで経営者は、スタッフにネイルの技術を習得させ、新メニューとして展開することを検討しているのですが、さらにメニューを増やして集客を図った方が良いのだろうか、という悩みを抱えていました。

自社、競合、顧客を分析する

 戦略を検討する際に、有効な手法としてよく用いられるのが、3C分析という手法です。これは、自社(Company)、競合(Competitor)、顧客(Customer)の3つを分析し、戦略構築の材料を検討しましょう、という考え方です。

 冒頭の美容院経営者の発言からは、自社に対する視点として、スタッフ全員が美容師免許を持っていること、競合に対する視点として、新規参入が相次いでいることが分かるものの、それらの分析は浅いものであるとともに、顧客の視点がありません。
 顧客の分析をせずに、ネイルやその他メニューを新規導入したとしても、それに対する需要がなければ集客には寄与せず、業況はますます厳しくなることが予想されます。

 そこで、3C分析の抜けていた視点を埋めるために顧客分析を行うとともに、現状の分析も深めていく必要があります。

自社(Company)の分析

 事業者は日々「人」「物」「金」「情報」といった経営資源を活用して事業展開をしています。自社(Company)の分析は経営資源の分析とも言えます。経営者やスタッフという「人」の他に、店舗の立地や設備などの「物」、保有している現預金や金融機関との関係性などの「金」、発信したり収集したりしている「情報」それぞれが、現状では好ましいものとなっているのか、そうではないのかを検討します。

競合(Competitor)の分析

 競合(Competitor)の分析では、どのようなマーケティング戦略をとっているのかを検討すると良いでしょう。その際の着眼点として、製品・サービス(Product)、価格(Price)、立地(Place) 、販売促進(Promotion)の4つをお勧めします。これらは頭文字がPなのでマーケティングの4Pと呼ばれます。

 競合はどのような商品や美容サービスを提供しているのか。その価格はいくらで、高価格なのか低価格なのか、相場感がある価格なのか。立地の利便性や店舗の入りやすさはどうなのか。販売促進手法として何を行っているのか。このような点を検討します。

顧客(Customer)の分析

 顧客(Customer)の分析では、店内で得られた情報、つまり、これまでいただいた顧客の声などからどのようなニーズがあるのかを把握するとともに、一般的な顧客動向も把握する必要があります。

 例えば、総務省統計局のホームページに掲載のある家計調査年報では、2人以上の世帯における2017年の理美容サービス向け支出は36,137円としています。これを遡って調査することにより、顧客の理美容サービスの支出動向を把握することが可能となり、価格戦略に活かすことが可能となります。

 さらに昨今は、外国人観光客の動向を把握することも必要です。ホットペッパービューティーアカデミーが中国・香港・韓国・台湾に住んでいる20~49歳の女性800名に実施した「訪日旅行中に体験してみたいこと」に関するアンケートによれば、「美容サロンへ行く」という回答が26.5%に達し、「お祭りやイベントの見物・参加(22.9%)」、「世界遺産・名所旧跡の観光(25.1%)」を上回りました。外国人観光客の間で、美容サービスへのニーズが高まっていることが伺えます。

3Cを踏まえて総合的に判断する

 3C分析の結果、自社(Company)の強みを活かすことが出来て、競合(Competitor)と差別化ができて、顧客(Customer)の需要動向にマッチした取組みがネイルであれば、冒頭の経営者が言うようにネイルをメニューに追加してもよいでしょう。

 しかし、単に思い付いたから、他店がやっているから、といった場当たり的な発想では、集客力は向上しないはずです。
 人気のある美容院・美容室を経営するために集客力を高める1つの方法として、自社という内部環境と競合・顧客といった外部環境を把握し、総合的に判断することである、と言えるでしょう。

美容院・美容室、理容店に関する参考コラム

 ■美容室は怖い、苦手という顧客も集客できる美容室を経営するには
 ■観光地に立地する理容店が実施するべき売上を拡大する成功のカギ
 ■顧客ニーズに応える売上の高い理容店の条件とは

メルマガ会員様募集中

 メルマガ会員様には、リアル店舗の現場経験20年以上、コンサルティング歴10年以上【通算30年以上のノウハウ】を凝縮した【未公開のコラム】や、当サイトに掲載したコラムの【解説動画URL】を優先的に配信しています。
登録はこちらから
↓↓↓

ロードサイド経営研究所メールマガジン登録フォーム(無料)

電子書籍のご案内

 1年で70人のアルバイトに辞められたガソリンスタンド店長が人材に全く困らなくなった理由:育成編~人材が育つ職場と人材に見放される職場の境界線~
2020年3月15日発行 定価1,055円

タイトルとURLをコピーしました