顧客ニーズに応える売上の高い理容店5つの条件

戦略の考え方

 理容店の廃業が目に付くようになってきました。かつては現金商売ということもあり、廃業するケースはさほど多くなかったと聞きますが、昨今は、低価格をウリにする理容店や、美容室の男性客取込みを目的とした取組みなどにより、競争環境は厳しいものとなりつつあります。

 今回のコラムでは、そのような中、しっかりと顧客ニーズに応え、売上を確保できる理容店となるための条件を見ていきます。

顧客ニーズに応える売上の高い理容店の条件1:入りやすい

 弊社の近隣に立地する理容店が先月末日で閉店しました。中心市街地のど真ん中という好立地かつ、非常に業歴の長い印象の店舗でしたが、昨今は、傍目からも経営が厳しそうな印象を受けていました。

 この店舗の特徴の一つに、外から中が一切見えない店構え、つまり開放感ゼロという点があります。開放感については「儲かる店の特徴」も参考にしてください。

 そのような理容店がある反面、近隣には、非常に予約が取りにくい人気店もあります。その特徴の一つに、店舗正面がすべてガラス張り、つまり開放感が非常に高いという点があります。美容室は開放感が高いケースが多いのですが、理容店で開放感をここまで上げていると、美容院と見紛う顧客も少なからずいるそうです。

 コンビニエンスストアが好事例ですが、店内の様子が分かりやすいと、やはり入店はしやすいわけです。

顧客ニーズに応える売上の高い理容店の条件2:時代の流れに乗っている

 私は、月1回の散髪を毎回違う店舗で行ってもらっていますが、キャッシュレス決済の流れが進行する中、クレジットカードや電子マネーの使える理容店は決して多くありません。クレジットカードで税金や公共料金の支払いができる時代に、散髪代をキャッシュレスで決済できないことに不可思議な印象を受けます。

 「クレジットカードや電子マネーで支払われると手数料が痛い」と言う事業者がいますが、肉を切らせて骨を断つという言葉があるように、手数料を惜しんだことで、より大きな売上を逃している可能性を見過ごしてはいけません。繰り返しになりますが、世の流れはキャッシュレスなのです。

顧客ニーズに応える売上の高い理容店の条件3:差別的優位性を訴求している

 理容店のライバルは、同業の他に美容室があります。理容店ができて美容室ができないことは顔剃りです。これを女性へ提供出来ることを訴求している店舗はやはり集客力があるようです。

 さらに「できる」だけではなく、それを「伝える」ためにインターネットやチラシなどを活用する必要があります。

顧客ニーズに応える売上の高い理容店の条件4:インターネットを活用している

 SNSやブログをホームページ代わりにしている事業者が割と多い印象がありますが、それらで代用せず、しっかりとした自社ホームページは持っておきたいところです。

 ネット上での名刺とも言うべきホームページの代わりにSNSやブログを使っていては、事業に対する姿勢を疑われても致し方ありません。今や、ホームページを持つことは、身だしなみと言っても良いでしょう。

 もっとも、ホームページさえ持てば売上が上がるわけでもないので、ホームページの内容も当然のことながら充実させる必要があります。最新情報の更新、料金、営業時間、店内の様子、経営理念、働くスタッフ、お客様からの声などの情報を掲載しましょう。経営理念、働くスタッフの情報に関しては、以下のコラムを参照してください。
 経営理念が意味するもの
 経営理念の浸透が現場にもたらした効果
 顔を見せることによる相手の心理

 また、予約の受付もインターネットを活用することをお勧めします。電話での予約受付は、接客を中断しなければなりませんし、電話する側としても3コール以内に出てもらえないと「忙しい時間なのではないか」と心理的な負担を感じたり、営業時間外には予約を入れることが出来なかったりします。

顧客ニーズに応える売上の高い理容店の条件5:手ぶらで返さない

 人口減少を受け、既存顧客の数を維持できることもままならない中、散髪して、代金をお支払いいただいて、終わり。これでは、新規顧客がリピーターになる可能性は高くはありません。

 繁盛店は、割引券やスタンプカードを活用しています。また、店頭でのニュースレターの発行も検討すると良いでしょう。ニュースレターに関しては、以下のコラムを参照してください。
 売上が低下しつつある店舗のリピーター増加策

 顧客ニーズに応える売上の高い理容店が、とてつもなく新しいことをしているわけではありません。ここまで見てきたように、当たり前(A)のことを馬鹿(B)にしないでちゃんと(C)やる、というABC理論を地道に行うことが重要です。

当コラムの解説動画

vol.12_顧客ニーズに応える売上の高い理容店5つの条件

メルマガ会員様募集中

 メルマガ会員様には、リアル店舗の現場経験20年以上、コンサルティング歴10年以上【通算30年以上のノウハウ】を凝縮した【未公開のコラム】や、当サイトに掲載したコラムの【解説動画URL】を優先的に配信しています。
登録はこちらから
↓↓↓

ロードサイド経営研究所メールマガジン登録フォーム(無料)

電子書籍のご案内

 1年で70人のアルバイトに辞められたガソリンスタンド店長が人材に全く困らなくなった理由:育成編~人材が育つ職場と人材に見放される職場の境界線~
2020年3月15日発行 定価1,055円

タイトルとURLをコピーしました