持続化補助金の採択を目指す計画書の書き方①

小規模事業者持続化補助金

 小規模事業者持続化補助金<一般型>「1.企業概要」は、自社の自己紹介の意味合いが強く、自社の現状を分かりやすく伝えることで採択される可能性が高まります。

1.採択の可能性を高める「企業概要」の書き方

 当サイトでは、小規模事業者持続化補助金に採択されるレベルにブラッシュアップしていった事例を多数ご紹介していますが、それぞれの事例におけるブラッシュアップのポイントはほとんど共通しています。

 当コラムでは、その共通点をご紹介していきますが、今回は、下図の赤枠部分、様式2-1<補助事業経営計画>内の「1.企業概要」のポイントを見ていきます。これらを意識して書くことで分かりやすさが格段に向上します。

小規模事業者持続化補助金<一般型>に応募する際の作成書類(原則)

(1)見出しをつける

 思いつくまま五月雨式に書くのではなく、予め構成を決めることが重要です。よって、見出しを設けて構成を決めましょう。見出しを設けるということは、記載する内容のグルーピングにも役立ちます。

 見出しの具体例としては【沿革】【立地】【売上・利益構成】【経営者・スタッフ】【取扱商品】等が挙げられます。

 また、当然のことながら、見出しとその内容に整合性が必要です。【沿革】という見出しの下に立地に関することを記載していては整合性がとれていません。それは読み手に違和感を抱かせることとなり、混乱させてしまうことに繋がってしまいます。

(2)「書かなくていいことなのでは?」と自問する

 残念なパターンとして挙げられるのは、「企業概要」に記載すべきではないこと、つまり他の欄に記載すべきことを「企業概要」に記載しているパターンです。

 【沿革】で「○年に●●という商品を取り扱った」という記載からその商品の強みを書き始めたり、【立地】の良さの記載から、どんどん店舗立地の強みを書き始めたりするパターンが多いです。

 強みは「3.自社や自社の提供する商品・サービスの強み」に記載するべき内容です。そのほかにも【顧客構成】という見出しを設け、その内容を記載しているうちに「2.顧客ニーズと市場の動向」に記載すべき内容を「1.企業概要」に記載してしまっているケースも多く見受けられます。

(3)記入例を意識する

 日本商工会議所、全国商工会連合会が公表している「1.企業概要」の記入例は下図になります。

 この「売上総額の大きい商品」「利益総額の大きい商品」ベスト5の表は是非盛り込んでいただきたいものです。これにより、読み手は事業規模が分かるため、事業のイメージがしやすくなります。さらに、書き手は売れ筋商品が分かるたため、今後の戦略構築に役立てることができます。

(4)ビジュアルに訴求する

 【立地】を説明するのであれば、都道府県の地図、市町村の地図、自社近隣の地図を盛り込み、自社の立地に関する土地勘のない読み手もイメージしやすくしましょう。さらには、店舗・事務所の写真もあるとより良いです。

 また、経営者やスタッフの写真を盛り込むことで、「顔の見える計画書」となり、読み手にリアリティを与えることが可能となります。

(5)専門用語は使わない

 ご自身は普段当たり前に使っている言葉でも、専門外の読み手からすると意味不明の用語があります。当サイトで取り上げた事例では、エステサロンが取り扱う化粧品の成分「和漢植物」、石材店の「永代供養墓」などがあります。

 このような専門用語に当たると、読み手は調べるよりも読み飛ばす傾向が多い印象があります。専門用語を使わざるを得ないのであれば、注釈を盛り込む必要があります。「小学5年生でも分かる」レベルで記載する必要があります。

 今回のコラムでは、様式2-1「1.企業概要」の書き方をご紹介しました。次回のコラムでは「2.顧客ニーズと市場の動向」について見ていきます。

2.小規模事業者持続化補助金の申請書類作成をサポートします

3.メルマガ会員様募集中

 メルマガ会員様には、リアル店舗の現場経験20年以上、コンサルティング歴10年以上【通算30年以上のノウハウ】を凝縮した【未公開のコラム】や、当サイトに掲載したコラムの【解説動画URL】を優先的に配信しています。登録はこちらから↓↓↓

ロードサイド経営研究所メールマガジン登録フォーム(無料)

4.電子書籍のご案内(2020年7月8日発行 定価1,072円)

タイトルとURLをコピーしました