メンズの集客に成功している美容室経営における3つの特徴

戦略の考え方

 1.メンズ限定メニュー、2.メンズ向けの情報発信、3.女性と変わらぬ固定化策、の3点がメンズの集客に成功している美容室の特徴として挙げられます。

 今や美容業界のターゲットは女性だけではありません。エステティックサロン、美容室、化粧品など、これまでは女性のみをターゲットとしていた業界が男性の取り込みに力を注いでいます。

 弊社の所在する埼玉県川越市には、原宿、青山と同等レベル数の美容室がひしめき合っています。この理由として、土地代や家賃が比較的安価であること、「小江戸川越」というブランドの地で商売することは、それなりのステイタスがあることなどが挙げられます。

 この川越市内に県内有数の集客力を誇る「クレアモール商店街」がありますが、それと並行する裏川越を略した「裏川(うらかわ)」と呼ばれる路地に多くの美容室が集結しています。

 この「裏川」からやや離れたところに、老若男女、幅広い客層が訪れ、繁盛している美容室があります。この美容室の取組みは、メンズの集客についても非常に的を射ている印象があり、私のような中年男性でも抵抗なく入店できるように仕組まれています。今回は、この店舗の特徴を見ていきます。

特徴1:メンズ限定メニュー

 この美容室には、「メンズ限定!!頭皮もフェイスも毛穴スッキリ爽快カット!」というメニューがあります。これをインターネット上で通常メニューとともに、しっかりとアピールしています。

 美容室は女性が行くところ、というイメージがある男性にとっては、このようなメニューがあると、「男性が行っていい美容室」という認識を持ち、入店の敷居が下がります。

 単に「メンズ大歓迎!」と告知するのではなく、メンズ限定メニューを設けることにより、女性がメインターゲットで男性がサブターゲット的な位置づけではなく、女性も男性もメインターゲットである、というメッセージを発していると言えるでしょう。
 これにより、夫婦での来店やファミリーでの来店も多いとのことで、客数増加に寄与しています。

特徴2:メンズ向けの情報発信

 同店は、人通りの多くない「裏川」から、さらに離れた場所に立地しているため、前面道路の通行客がふらりと入店することはあまり期待できません。

 それは同店も理解していますので、ネットでの検索でヒットしやすいように、同店のスタイリストが持ち回りでブログを書き、情報発信をしています。その内容には男性向けのものも含まれています。

 また、美容室やエステティックサロンの検索サイトである、ホットペッパービューティーも活用しており、来店客のほとんどがネットで同店を知り、来店されます。

 そして、一度来店されたら、再度来店したくなるように次の仕組みを構築しています。

特徴3:女性客と変わらぬ固定化策

 入店すると、スタッフ全員の「こんにちは」という挨拶が迎えてくれます。そして、カット前に本日のカット方針を決めるべく、スタイリストが丁寧に相談に乗ってくれます。
 カット前とカット後にシャンプーをしますが、圧倒されるのがシャンプーの種類の多さです。その日の頭皮の状態や髪の悩みに応じて、使うシャンプーを変えています。
 事前に相談した方針に基づいたカットを終え、最後のセットでは、日々顧客自身がセットする際のコツを教えてくれます。

 さらに、この美容室を利用すると、初回来店で20%オフとなり、この割引が3回目の来店まで使えるカードを初回来店時に発行します。3回通うと4回目以降から使える10%割引券&ポイントカードが発行されます。この割引券を男性客にもしっかり配布し、店外でのお見送りまで実施します。

 来店後に口コミサイトに同店を利用した感想を記入すると、店舗側からは、迅速にお礼のメッセージが入ります。

 このように、女性客と変わらない接客をメンズにも行うことにより、メンズの不安や居心地の悪さ、気まずさを払拭しています。

 メンズの集客に成功している美容室経営における3つの特徴として、1.メンズ限定メニュー、2.メンズ向けの情報発信、3.女性と変わらぬ固定化策、の具体例を見てきました。奇をてらった取組みではないところに、この店舗の持続的な強さを感じることができると思いましたが、いかがでしょうか。

美容室経営の参考コラム

 ■指名の数だけにこだわる美容室経営が失敗する理由
 ■人気があり集客力の高い美容院・美容室を経営するためには
 ■美容室は怖い、苦手という顧客も集客できる美容室を経営するには

メルマガ会員様募集中

 メルマガ会員様には、リアル店舗の現場経験20年以上、コンサルティング歴10年以上【通算30年以上のノウハウ】を凝縮した【未公開のコラム】や、当サイトに掲載したコラムの【解説動画URL】を優先的に配信しています。
登録はこちらから
↓↓↓

ロードサイド経営研究所メールマガジン登録フォーム(無料)

電子書籍のご案内

 1年で70人のアルバイトに辞められたガソリンスタンド店長が人材に全く困らなくなった理由:育成編~人材が育つ職場と人材に見放される職場の境界線~
2020年3月15日発行 定価1,055円

タイトルとURLをコピーしました