1人客から人気があり儲かる居酒屋のカウンター席から伺えること

秋田市での登壇を終えて

 秋田県秋田市で1時間半ほどの講演を終えて、当日宿泊するホテルに向かっている途中に少し気になる居酒屋がありました。秋田の郷土料理を取り揃えていることが店頭で告知されており、趣のある店構えでした。

 入店してみると早い時間だったせいもあり、私が口開け客でした。店内は思いのほか広く、カウンター、テーブル席併せて、ざっと50名ほどは収容できる広さでした。
 1人で入店したのでカウンター席に通され、メニューを眺めます。その時にふと目についたのが“カウンター席だけ「かんどうこ」でうまいお燗酒提案”という告知物でした。

「かんどうこ」とは

 「かんどうこ」とは燗銅壺と書き、筐体にお湯を入れ、お酒の入った器を温める道具です。このお店の「かんどうこ」の外観は木製でしたが、電源があり、スイッチを入れると中のお湯が温かくなってきます。この「かんどうこ」にお酒の入った「チロリ」と呼ばれる金属製の器を入れてお酒を温めます。

 このお店では、チロリにお酒専用の温度計(酒温計)を入れて、ぬる燗、人肌、熱燗など好みの熱さで飲むことができます。これは面白そうなので、最初のビールを終えた私は、「かんどうこ」とお酒をオーダーしました。

1人客のニーズ

 私にかかわらず、1人で入店する顧客は、お酒と料理を楽しみながら時間を持て余すケースが多いはずです。そこで、カウンター内の従業員や隣の1人客と話をするケースもあれば、店内のテレビを観たり、スマホをいじったりします。

 一番楽しいのは、従業員や地元のお客さんと話が弾むことなのですが、お店の状況によっては、いつもどういう店でも、そういうことが可能とは限りません。

 「かんどうこ」に入ったチロリから覗く温度計を見ながら、そろそろ飲んでみようかな、とお猪口に燗酒を注いで飲むと少しぬるい。では、もう少し温めようか、いっそ熱くしてみようか、など1人でいても全く飽きません。
 そして、このサービスはカウンター席限定としているところに、1人客のニーズをしっかり汲み取っていることが感じられ、いたく感心してしまいました。

 気が付くと、17:00台という早い時間にもかかわらず、私以外にカウンター席には、1人客が3名もいました。従業員が7名ほど立ち働いていたことから、ピーク時の19:00台には、かなり忙しくなるのでしょう。

 秋田のお酒と料理、そして「かんどうこ」を使った時間を楽しんだ私が会計を済ませたところ、渡されたのが割引券です。顧客を手ぶらで帰さず、次回のご来店を促すところもさすがです。

 1人客から人気があり儲かる居酒屋のカウンター席から伺えることは、顧客ニーズを捉え、顧客を飽きさせない工夫でした。

飲食店に関する参考コラム

 ■儲かる飲食店を経営するために儲からない要素を排除するには
 ■利益率の高い儲かる居酒屋の顧客満足度と平均客単価が高い理由
 ■平日も高い集客力を誇る地方都市の繁盛している飲食店の接客とは

メルマガ会員様募集中

 メルマガ会員様には、リアル店舗の現場経験20年以上、コンサルティング歴10年以上【通算30年以上のノウハウ】を凝縮した【未公開のコラム】や、当サイトに掲載したコラムの【解説動画URL】を優先的に配信しています。
登録はこちらから
↓↓↓

ロードサイド経営研究所メールマガジン登録フォーム(無料)

電子書籍のご案内

 1年で70人のアルバイトに辞められたガソリンスタンド店長が人材に全く困らなくなった理由:育成編~人材が育つ職場と人材に見放される職場の境界線~
2020年3月15日発行 定価1,055円

タイトルとURLをコピーしました