持続化補助金で集客力向上に挑んだエステサロンの申請書作成事例③

小規模事業者持続化補助金

 エステサロンを営む同店は創業後、有料の宣伝広告にはさほど力を入れずとも何とか事業が継続でき、17年が経過していました。しかし、最近平日の来店客数が非常に少なくなってきたことに危機感を抱いておりました。

 そこで、スマートフォンに対応したホームページの立上げとweb広告を実施することとし、その費用の一部を小規模事業者持続化補助金で調達することを考えました。

 この際に、弊社は同店が予め作成した計画書をブラッシュアップする形でご支援しましたが、採択の可能性を高めるためにどのような観点からこれを行ったのかをご紹介します。

 今回のコラムでは、下図の提出書類一覧表の赤枠部分、「様式2-1経営計画書兼補助事業計画書①」<経営計画>「2.顧客ニーズと市場の動向」のうち、【市場の動向】の部分を見ていきます。

1.「顧客ニーズと市場の動向」【市場の動向】記載の仕方

 同店が事前に記載されてきた「顧客ニーズと市場の動向」は概ね以下の内容となっていました。

①今後は働く女性が増えて、仕事のストレスを軽減させたり、多忙の中短時間で効果を求めたりするようになってくるため、肌の手入れは専門家へ依頼したいというニーズがある。

②近隣に新築マンションが次々と建設されて、他の地域から移住してくる人が増加している。

③「美と健康」に今まで以上に関心が高まり、エステサロンを利用する中高年女性の増加が見込まれる。

④エステサロンは自宅マンションなどで開業するところも多く見られ、当店の営業しているビルにも同業店が直近2年間で2件開業した。

⑤資金不足などにより、今まで積極的に宣伝をしなかったため、当店を知らない地域住民が数多くいる点、平日昼間の時間帯にベッドの空きが多く見られる点が、今後の課題となっている。

 上記をどのようにブラッシュアップしていったかを以下で見ていきます。

(1) 根拠を盛り込む

 「顧客ニーズと市場の動向」を切り分けるために、【顧客ニーズ】【市場の動向】いう見出しを設けていただき、上記②③④を【市場の動向】の下に置いていただきました。このうち②③は「増加」がキーワードとなっていますが、なぜ「増加」と言えるのか根拠を盛り込むとより説得力が高まります。

 ②であれば商圏人口の推移を盛り込むことが有効と考えられ、自治体のホームページや、地域経済分析システムRESAS(リーサス)を活用するとよいでしょう。また、③であればエステサロンの市場規模などをネットで探して掲載することをお勧めしました。

 なお、RESASは、応募時のルールブックである公募要領にも活用をお勧めする下記の記載があります。

 このように市場動向の根拠を盛り込むとともに、もう一つ盛り込むべき項目があります。

(2) 競合動向を記載する

 今回見ている「2.顧客ニーズと市場の動向」の次にあるのは「3.自社や自社の提供する商品・サービスの強み」ですが、この「強み」は競合と比べて優れている経営資源について述べますので、競合動向を述べる必要があります。

 その競合動向は外部環境ですので【市場の動向】に記載することが望ましいと言えます。ちなみに「2.顧客ニーズと市場の動向」はCustomer(市場・顧客)、Competitor(競合)の視点、「3.自社や自社の提供する商品・サービスの強み」はCompany(自社)の視点での環境分析であり、これらをまとめて3C分析と言います。

 そして、競合動向の記載で弊社がお勧めしているのは、店名、住所、自店からの距離・移動時間、URL、自店から見た特徴を一覧表にすることです。

 このようにして、【市場の動向】をブラッシュアップしましたが、さらに次の留意点があります。

(3) 必要な内容だけを記載する

 前述の、同店が事前に記載されてきた内容のうち「⑤資金不足などにより、今まで積極的に宣伝をしなかったため、当店を知らない地域住民が数多くいる点、平日昼間の時間帯にベッドの空きが多く見られる点が、今後の課題となっている。はそもそも【顧客ニーズ】でも【市場の動向】でもありません。

 また、小規模事業者の戦略策定の王道は「弱みの克服」ではなく「強みの強化」ですから、当補助金の計画書にあえて自店の弱点や課題を述べる必要もないという考えから、削除していただきました。

 このようにして、同店が書かれてきた「2.顧客ニーズと市場の動向」の【市場の動向】の部分をブラッシュアップしていきましたが、次回のコラムでは「3.自社や自社の提供する商品・サービスの強み」を見ていきます。

 当シリーズのバックナンバーです。

持続化補助金で集客力向上に挑んだエステサロンの申請書作成事例②

持続化補助金で集客力向上に挑んだエステサロンの申請書作成事例①

2.小規模事業者持続化補助金の申請書類作成をサポートします

 弊社の1,000件を超える支援実績を通じて蓄積してきたノウハウを活用して、採択の可能性を高める計画書作成のお手伝いをいたします。詳しくはこちらから↓↓↓

3.メルマガ会員様募集中

 メルマガ会員様には、リアル店舗の現場経験20年以上、コンサルティング歴10年以上【通算30年以上のノウハウ】を凝縮した【未公開のコラム】や、当サイトに掲載したコラムの【解説動画URL】を優先的に配信しています。登録はこちらから↓↓↓

ロードサイド経営研究所メールマガジン登録フォーム(無料)

4.電子書籍のご案内(2020年7月8日発行 定価1,072円)

人口2万人に満たない街で黒字経営を続ける洋食店5つの秘訣
タイトルとURLをコピーしました