ガソリンスタンドでタイヤを大量に販売する3つのコツ

客単価向上

 セルフサービスのガソリンスタンドで働くあるスタッフは、今以上にタイヤを大量に販売するためには、どのようなセールストークを用いるべきかという疑問を常々抱いていました。

 現在実施しているタイヤ販売の方法は、給油中にタイヤの空気圧点検をスタッフが無料で行い、交換の必要がある場合は、顧客にタイヤを見てもらいながら、現在のタイヤがどのような状態になっていて、なぜ交換が必要なのかを説明し、時には価格表を渡して、交換の検討をしていただいています。

 この販売プロセスは、タイヤを販売したいと考える店舗ならどこでも実施しているはずですが、それでも売れる店と売れない店があります。同じ販売方法をとっているのに売れる店と売れない店があるのはなぜか。今回のコラムでは、ガソリンスタンドでタイヤを大量に販売するコツを見ていきたいと思います。

ガソリンスタンドでタイヤを大量に販売するコツ1:点検台数を増やす

 タイヤを販売するには、すり減ったタイヤを見つける必要があります。そこで、タイヤの空気圧点検を行うわけですが、点検する台数が多ければ多いほど、すり減ったタイヤと出会う可能性が高まります。

 すり減ったタイヤを見つけるということは、新品タイヤへの交換が必要な顧客と出会うことができるということであり、この出会いが多ければ、当然のことながら多くの販売チャンスを得ることが可能となります。よって、点検台数を増やすことはタイヤを大量に販売できる可能性を高めます。

ガソリンスタンドでタイヤを大量に販売するコツ2:顧客へ興味を抱く

 すり減ったタイヤを見つけたからといって、一方的に交換の必要性をまくし立てても、販売できるとは限りません。逆に「売りつけようとしている」と捉えられるかもしれません。

 まずは、顧客に興味を持って質問を投げかけ、顧客の話を聞きましょう。具体的には以下のような質問を投げかけ、その答えに応じた対応をします。


 「タイヤの交換はご予定なさっていますか」
 「いつもタイヤ交換はどちらで行っていますか」
 「前回はいつ頃交換されたかご存じですか」
 「毎日運転されますか、それとも週1程度の運転ですか」
 「お車のご利用は、お仕事メインですか、それとも買い物などプライベートメインですか」

 ポイントは「顧客に興味を持つ」ということです。これにより、顧客への返答が真摯なものとなり、信頼度の高まりを通じて、販売に結び付きやすくなります。

ガソリンスタンドでタイヤを大量に販売するコツ3:顧客を覚える

 顧客に真摯な興味を持って接客をすれば、その顧客とのやり取りは記憶に残りやすくなります。人は自分のことを覚えてくれていると嬉しいものですから、前回の接客内容を活かした接客は購買に結び付く可能性を高めます。

 とはいえ、覚えきれない場合もあるでしょう。そのような場合に備えて、車両のナンバープレートと接客内容を紐付けて、ナンバープレート情報から過去の接客内容を呼び出せる仕組みを作っておく必要があります。これはエクセルを用いれば容易に実施できますので以下のコラムを参考にしてください。
 儲かるロードサイド店の顧客管理

 今回のコラムでは、ガソリンスタンドでタイヤを大量に販売するコツとして、1.点検台数を増やす、2.顧客へ興味を抱く、3.顧客を覚える、を挙げました。小手先のテクニックに頼ることよりも、このような王道を極めることが、接客を伴う販売にとっては重要だと考えますが、いかがでしょうか。

メルマガ会員様募集中

 メルマガ会員様には、リアル店舗の現場経験20年以上、コンサルティング歴10年以上【通算30年以上のノウハウ】を凝縮した【未公開のコラム】や、当サイトに掲載したコラムの【解説動画URL】を優先的に配信しています。
登録はこちらから
↓↓↓

ロードサイド経営研究所メールマガジン登録フォーム(無料)

電子書籍のご案内

 1年で70人のアルバイトに辞められたガソリンスタンド店長が人材に全く困らなくなった理由:育成編~人材が育つ職場と人材に見放される職場の境界線~
2020年3月15日発行 定価1,055円

タイトルとURLをコピーしました