飲食店の倒産増から生き残るガソリンスタンドの条件を考える

顧客満足

増加する飲食店の人手不足倒産

 帝国データバンクによると、飲食店の倒産は2019年1月~11月までに668件発生し、既に2018年の653件を上回りました。過去最多は2017年の707件ですが、このままのペースで推移すると、通年の倒産件数は過去最多を更新することとなってしまいます。

 そして、やはり帝国データバンクが発表した「人手不足に対する企業の動向調査」によると、飲食店の78.3%は、非正規社員について人手不足を感じていると回答しており、人手不足倒産も相当数発生していることが伺えます。

 人手不足と言えばガソリンスタンドも負けていません。私は21年間でガソリンスタンド運営会社7社を渡り歩きました。その7社は1店舗展開の会社もあれば、多店舗展開の会社もあり、後者の場合は転勤がありました。よって、21年間で7社17箇所のガソリンスタンドに身を置きましたが、16箇所のガソリンスタンドで人手不足に苦しみました。

 1箇所だけ苦しまなかった理由は、これまで書き溜めたコラムを参考にしていただくとして、現在、慢性的な人手不足で苦しんでいるガソリンスタンドはいまだに多数あるはずです。そこで今回のコラムでは、飲食店とガソリンスタンドの違いを見ていくことにより、生き残るガソリンスタンドの条件を考えていきます。

飲食店とガソリンスタンドの違い

 飲食店とガソリンスタンドの大きな違いは、提供する商品の製造を店内でするかしないかということです。飲食店は、食材を仕入れて料理を製造、つまり調理をします。これに対して、ガソリンスタンドはガソリンを仕入れて、それを加工せずに販売します。

 つまり、飲食店は仕入れた食材を調理することにより、価値を付け加えて販売します。この付加価値がなければ、顧客に対して食材を渡す役割を担うだけとなり、その役割は、青果店や鮮魚店、スーパーマーケットが担うため、料理を提供出来ない飲食店は、存在する必要が無くなります。

 では、仕入れたガソリンに価値を付け加えるとしたら何ができるでしょうか。飲食店のようにフライパンに油を敷いてガソリンを炒めても、油で油を炒めるわけで、意味がありません。何より危険です。火を使わなければ安全ということで、タピオカにガソリンを注いだコップにストローを差して顧客に提供しても、ガソリン臭が迷惑なだけで、タピるどころではありません、ガソる?想像しただけで恐ろしいです。

ガソリンスタンドの付加価値とは

 これまで見てきたようにガソリンスタンドは仕入れたガソリンを加工してガソリンに価値を付加することができません。だからこそ、ガソリンという商品ではなく、ガソリンスタンドという店舗の付加価値として顧客との関係性を構築する必要があります。給油中に談笑したり、空気圧の点検をしたり、顧客の相談に乗ったりしなければいけないのです。

 その付加価値が信頼となり、タイヤやオイルといったガソリン以外の商品販売に繋がり、安定した利益を生み出すこととなります。

 では、セルフサービスのガソリンスタンドは関係性の提供を諦めたのかというと全部が全部そうではありません。給油作業を顧客にやってもらって、浮いた労働力で上述の付加価値を提供するセルフサービスのガソリンスタンドは生き残ることができる可能性が高まります。逆に、単に人件費削減のためだけにセルフ化したガソリンスタンドは苦戦しているはずです。

 今回のコラムでは、飲食店の倒産増から考える生き残るガソリンスタンドの条件を見てきました。今からでも遅くはありません、自店の付加価値を構築し、顧客に提供し、生き残る可能性を高めていっていただきたいと思います。

当コラムの解説動画

vol.5_飲食店の倒産増から生き残るガソリンスタンドの条件を考える

メルマガ会員様募集中

 メルマガ会員様には、リアル店舗の現場経験20年以上、コンサルティング歴10年以上【通算30年以上のノウハウ】を凝縮した【未公開のコラム】や、当サイトに掲載したコラムの【解説動画URL】を優先的に配信しています。
登録はこちらから
↓↓↓

ロードサイド経営研究所メールマガジン登録フォーム(無料)

電子書籍のご案内

 1年で70人のアルバイトに辞められたガソリンスタンド店長が人材に全く困らなくなった理由:育成編~人材が育つ職場と人材に見放される職場の境界線~
2020年3月15日発行 定価1,055円

タイトルとURLをコピーしました